FC2ブログ
スポンサードリンク

いや~すごい、すごい!

毎日暑い日が続きます💦

台風が発生しているのですが、私の住んでる場所は雨が降らずに照り返しが酷く町中が真っ白にみえます。
まだ夏休み気分でダラダラとしていて事務所をごそごそ片づけているのですが、前から気になっていた下水の臭いが我慢できずにホームセンターに行ってコーキング材を買ってきてパテ埋めしました。
流しの下の物を全部取っ払って点検したら、やはり管と流しの接続部分に隙間があります。
おそらくこれが原因だと思われます。

これではいくらパイプの管洗浄してもダメです。
ホームセンターに行ったら70円くらいで売っていました。

何でもっと早く直さなかったのかと反省しながら、また断捨離に着手。

クーラーかけていても忽ち汗が噴き出してきます。

まぁ・・・オリンピックも殆ど終わったし、ゆるゆるやっていきます。


最後、男子のリレーは良いものを見せて頂きました。
ボルトと一緒に日本人が競っている絵なんて今まで描けなかった世界です。

劣っている部分をどうしたら補えるか考え抜いての作戦とやはりレースに対する集中力と気迫の勝利だったと思います。

いや~すごい、すごい!


スポンサーサイト

再びオリンピック

遍路より戻って

私は前に職業柄単にオリンピック競技を見ているのではなく、その裏にあるものまで気になっている、と書きましたが・・・・
これは心理分析みたいなものの範疇ですが、更に一歩進んで選手の体調や相性など無意識の内に見ていることに気がつきました。

気付いてから意識して波動の検証をするようにしましたら・・・・

結果は概ね私の予想と一致していることに気付きました。

特に対面で競う競技に関して予測結果が良いように思います。
今回もメダル確実と言われながら残念だった人たちを見ていますと、難しいなぁ・・・と思う人たちもいました。

これは公の場で発言していたので、その的中率にかなり驚かれました。

強化に関して色々なアプローチがありますが、波動も取り入れたらいいのに・・・と真面目に思ってしまいます。
そう言えば、私はある格闘技系のスポーツで取り入れているのを知っています。
その結果そこの道場の方がチャンピオンになっておられます。

波動をスピリチュアルだととらえる人もいますし、スピ系でよく波動という言葉を見かけますが私たちはそうは見ていません。
色々な振動の波長があり、その特質を膨大なデーターに落とし込んだものを私たちは利用しています。

ただそれを計測するのにとんでもなく高価な機械が要りますので、その機械なしに自分の五感で計測できる訓練をしています。

そうかなり高性能な感覚をもっているらしいのでスカウトされたのですが、機械も理論も結果もすごい勢いで進化しているので私たちも絶えず訓練しておかなくては追いつきません。


波動の話はさておき、若い人はすごいなぁ。。。と思いました。
特に卓球、体操男子、バドミントンダブルスの女子はすごかったですね。

以上の選手たちの集中力がすごかったと思います。
そしてミスしてもその修正力がすごかったです。
またコメントの端々に出てくる決意と自信が良かったです。

何でもそうですが、少し余計な感覚に捕らわれると魔物が忍び寄ってきます。

それを寄せ付けない若い人の集中力は、お見事です。

・・・・・

他人事だから分析できるけど、自分自身のことになると中々・・・・
私も何ものにも動じない強い心を持ちたいなぁ・・・・

遍路より戻りました ③

もうひとつ幸せ気分で終えられたのは、実は人が大勢いる場所は大の苦手です。
そういう意味で酷暑のお盆だったので団体さんに逢うことは全くありませんでした。

私は基本的には遍路は一人で行くものだと思っています。
それぞれのペースがあり、感じること、動機もそれぞれだからです。

私の動機は父が亡くなったことと自分の体力の確認でした。
訳があり、長い間父と会うことなく父の死に目にも会えなかったので、なんかしたいと思ったものです。

それと年齢的なことに加えて普段パソコンの前にいることが多くあちこちガタがきており、歩くことにより体力的に自信を取り戻すための道でもありました。

更に私の遍路はその道中に目的があり、お寺をまわって納経帳に印を頂くのが目的ではありません。

大変失礼な言い方ですがお寺さんの中には少し首 をかしげたくなるお寺があります。
お寺の仏様のことではなく、そこのお寺様の全体の雰囲気で、お手入れが行き届いてかったり、納経所でマシーンと化している様な方がおられます。
団体さんが入ってくると書く方も大変なのは分かりますが、時にはそこにいたら邪魔だと怒鳴っている方もいらっしゃいます。

少しはお疲れ様とか、暑いですねとか、よくお参りくださいました、とか、言えないのか、と思う時もあります。
だからお寺様も実に様々、ここでも一期一会のような気がします。

だから私はスタンプラリーはしません。

歩いて、歩いて、歩くのが私の遍路です。
歩いていて、季節を感じます。
吹いている風を感じ、咲いている花を愛で、色々な生き物を発見してその営みにしばし足を止めます。

また時には立派なお家の屋根の瓦の様々な様式を楽しんだり、過疎になってしまい廃墟になっているお家や売家と看板の出ているお家を見ると、つい不動産屋根性が出て、これくらいの価格かな? とか、リフォームするのに相当かかるなぁ・・・とか、ここにこういうものを建てればいいんじゃないかとか、色々とイメージしたりしてしまいます。

そして結局諸行無常だな、といかにも遍路らしい思いになったり、反対に人様の温かい気持ちに触れることが大変多く、この世も捨てたものじゃないとか、とても有難い気持ちになったりもします。

歩く中で自分の弱さを知り自分の強さを知ります。

そういうことに触れるのが嬉しくて旅にでるので、決してスタンプラリーのような遍路はしたいと思っていません。

それを今回55番の南光坊の方がスタンプラリーじゃない!と仰ってくれた時にはとても嬉しかったです。
そして黒々とした墨の大きな字で私の名前を短冊状の紙に書いてその横に同行二人の朱印をおしてくださり、念ずれば花ひらくと添えてくれました。
これも今回世俗的なお願い事をした私にはとても有難い言葉でしたし団体さんがいれば決してこんなにゆっくりとお話を聞く機会はなかったでしょう。

(あ、この願い、叶うかもと思った瞬間ともう一つ、64番前神時でお経を読んでおりますと、お堂の中から大きな目が見えた気がして、叶うかも、と思った瞬間がありました。)

こういった楽しみと後は時々変な場所(おそらく波動の良い場所や悪い場所)に引き寄せられてフラフラ行ってしまうこともあります。

これが私の遍路の醍醐味です。

遍路より戻りました ②

残す一か寺も順調にお参りできて、送迎のお接待を受けたので時間が余ってしまいました💦
夕方までに今回予定のお寺を回るつもりでしたので夜遅くのバスを予約しておりましたが、全て回り終えたのは二時頃。

バスの時間の変更を問い合わせましたが不可と言われ、元々バスの時間の調節のために見つけておいた駅前のスーパー銭湯に。

ここでも仙遊寺で一緒だった京都の歩き遍路さんと遭遇。

いくら温泉好きでも8時間もここで過ごせんわぁ・・・・と思いながら何故か確信があり、三時過ぎに再度バス会社に電話したら三時半のバスの予約が取れた!
風呂でまったりしている友人をせかしてバスに乗って無事に帰ってきました。

自宅に戻ってからも充実感がありました。
この酷暑の中あれだけの山を下り、歩けたという自信と、体は痛いのですが、現地で入った温泉が良かったのか心地良い痛さで
気持ちよく眠ることができました。

思えば今回のお遍路はとても順調でした。
なんでも滑り込みセーフというやつで電車もセーフ、バスもセーフ。
電車は一時間に1本、バスは2時間に1本のものを待つことなしにセーフ、帰りのバスは8時間早く帰れました。
こういうところでも疲れが出なかったのかも知れません。
物事が順調に運ぶというスムース感がとても心地よく、これもひょっとしたら最初の前髪寺でチャンスの神様の前髪をつかんだか。

そして今回初めて宿坊に泊まるという贅沢なお遍路だったのも良かったのかもしれません。
遍路は質素でよい、という思いで今まで遍路宿やスーパー銭湯を利用していました。
それが今回とても広いお部屋を用意して頂き精進料理に温泉付きの宿坊に泊めて頂きました。

程よい疲労感と達成感があいまって幸せ気分が持続しているのかもしれません。
また思いがけないお接待で人様のご厚意やご親切がこんな大きな力になることも身を持って体験できました。

遍路に出るまではあまり良い睡眠が確保できてなかったのですが、帰宅してからすごく気持ちよく眠ることができました。
これが充実感、幸せ感に繋がっていると思います。

PS とてもバカな間違いにきづきました
   64番の前髪寺は前神寺でした💦
   最初に見たのが前髪寺と表示してあったので髪だとずっと思いこんでいました。
   お札を整理していて気付きました。
   擦りこみというか思いこみってすごいですね!
そこからチャンスの神様が現れてしまいましたよ💦

遍路より戻りました ① 

遍路より戻りました。

今回の遍路は・・・・今までになかった感覚が。
とても充実感というか、幸せ感がいっぱいで戻れました。

行ったのは64番から54番のお寺。
今年は逆うちの年らしいですが、別に逆うちを目指していませんが、本来の高知行きは真夏に交通手段と宿の確保なしに行くのは無謀なので愛媛になりました。

64番前神寺から。
前に上った石鎚山の神社様の関係らしい。
石鎚山の山頂の神社様の宮司さんとお話をする機会があり、遥か下のあそこから神様をお連れします、と言われていたけれど、その時に見ていたのがこのお寺かもしれないと後で知る。

それよりも私はどうもこの前髪寺という名前が気になって。

チャンスの神様は前髪しかない、というあれが気になっておりまして。
真言密教なのにギリシャ神話がでてくる私の頭はどなってるねん、という感じですが、どうしても気になります!

そして遂に、チャンスの神様の前髪をつかめますように!とお願いしてしまいました。
いつものようにこの地に立てた感謝と父の追善供養と先祖供養とにゃんこたちの供養と(これはしてはよいのかどうか分かりませんが私はしています)と。
そしてすかさず下世話な俗っぽいお願いですが・・・・と二つ現在気になってることが素早く解決できます様にお願いしてきました。

後から思えばこれが今回の充実感につながっているのかもしれません。

今回友人と一緒に63,62,61と回りましたが60番の横峰寺は一人で回りました。
どうしても日程があったので無理しないで行きはバスを使うことにしました。
と言えば、カッコつくけど本音はその日に登って降りる自信がなかったから。

そしてバスの利用は私一人だけ。
バスの運転手さんには大変申し訳なかったのですが、せめて下りは自分の足で歩きたいと思い、上りのバスだけお願いしたことに申し訳ない気持ちでいっぱいでした。

下りは2時間ちょっとで着けますよ、という言葉を信じてまたどえらいことに。
よく考えれば登ってきた道をみたら下りが2時間で下りれないことは火を見るより明らか。
私は天狗じゃない!

途中アブに何か所か刺されながらも足もくじかずに三時間半で無事下山。
殆どその間に人には会わなかった。
友人と合流すると、山を下っていない友人の方が何故か参ってしまっていて今夜の宿の58番仙遊寺まで歩けない、タクシーに乗るというので従った。
それまでに悠に20キロ以上歩いている私にとって更に+10キロ以上の山道の上りは厳しい。

タクシーに乗りながら、明日またここを下るのもきびしいなぁ・・・と思っていたら夕食の時に秘密の県民showのように宿泊している人たちが偶然にも兵庫県が多くて、あちこちで私姫路、私小野、私伊丹、私は西宮、私は神戸…なんて話になった。

ここの宿坊は温泉なのだ♪
到着後直ぐに汗まみれの白衣を洗濯、つるっつるっの温泉に飛び込み、夕食後私は筋肉痛と足の痛さでごろ寝している間に連れが再度温泉に入り、そこで明日車で来ていた人にお接待で同乗させて頂く話を取りつけてきた。

大変ありがたい話なのでお断りしなかった。
本当は自分の足で歩くつもりだったが友人がすでに話をつけてきているのを潰すわけにもいかないし、(多分彼女は猛暑の中で体力の限界が来ていたのだと思う) 有難く乗せて頂いたが歩くと何時間もかかるところがあっという間に4か寺まわれてしまった!

徳島を最初に回った時に遍路宿の主が、歩きは(車の)100倍の価値がある、と言ってたのを思いだす。
価値があるかどうかは分からないが、本当にあっという間に4か寺回れたことにびっくりした!

更に一寺に費やす時間がとても短かったが、これもわがまま言わず、そんなこともたまにはいいさ、と割り切ることにした。
こういう時に自分のわがままを押し通してはいけない、人様の親切に素直に甘えればよいのだ。
そしてお礼を述べてお別れした。

あまりにもあっけなく回れてしまったので今回の予定はあと1寺残すのみとなってしまった。

 

オリンピックで寝不足です

毎日暑くて暑くて💦

そんな中で高校野球をやっているのを見ると、なんとまぁこんな暑い中で💦
また観戦してる人もよく熱中症にならんのかね・・・と考えることがだんだん年寄り臭くなってきました。

そして体調もイマイチ、足の状態もイマイチで遍路のことを考えると・・・・
う~ん、行けるのか?
あまり無理をしないことにしよう、とか段々といい加減な気持ちになってきます。

夜は夜でオリンピックを見てしまい寝不足に。

でも見てしまいます。
どうも職業柄ただ単に試合を見ているというより無意識に各選手の状態を分析したりしている自分に気がつきます。

内村選手の目がパッチリしていると思いませんでしたか?
まさか彼に限って整形はしてないだろう、と思いながらも色々と考えたりしてました。

以前の彼は少し眠いような目をしていたような気がしました。

私も先日瞼が垂れさがり眠い目をしておりました。
目の痛みもひどくて病院に行ったのですが相手にされませんでした。

でも・・・・実は目の痛みは腎臓からきていることが分かりました。
腎臓をケアした結果あんなに重かった目が元にもどりました!

これは私の例ですが、目がパッチリ、キリリの内村選手に体調と気力の充実などを感じたりしていました。


世界一になるってすごいことですよね。
わずかの数値のために人生をかけて、しかもその時に自分のコンディションを最高に持って行かないと勝てない。
対戦相手との闘いであると同時に自分との闘い。

でも最近の人はプレッシャーに相対的に強いような気がする。
きっとメンタルトレーニング、食事、技術の科学的分析、道具選びなど色々な面でのオリンピックでもあるのだろうと思います。

そして萩野公介の200m個人メドレーの予選を終えてのインタビューで、フェルプスやロクテがいる中で確か、楽しみにして!と不敵に笑ったような記憶が。

いいね~!
こういうハートは大好き!

一方で手ぶらで帰せない(水泳)、手ぶらで帰れない(柔道)などの、な~んかいっぱい背負った感も好き。

ドМはやっぱりオリンピックが好き、という結論に達しました。



また遍路にでることになりました

最近体力がなくなっていることを痛感します・・・
と言っても他の人に言ったら、それで当たり前やん! アンタ、今までがおかしいわ、と言われてしまいました。

そうなんです、今までは一晩、二晩寝なくて仕事していても平気だったのですが、最近堪える様になってきて仮眠を取ることが多くなってきました。

更に仕事していなくても昼寝することが多くなってきました。

更に言えば目の痛みがひどくて暫く極力ぶらぶらしていました。
あまりにも痛みがひどいので・・・・もう針で目の玉をチクチクとずっと刺されているような痛みが取れず、病院に行っても疲れ目でしょう、で解決ならず。
目の痛みだけでなく、加齢で瞼が垂れる病気になっているのではないかと思うほど瞼が重い。
でも目の痛みも瞼の下垂も訴えたが先生にスルーされた。

自力で治すほかないと漢方飲んで鍼灸に行って、温湿布して、パソコンをできるだけ見ずにブラブラしてました💦

お蔭さまで目の痛みは殆どなくなりましたが多分老眼が進んで目が辛いんだと思います。

気付けばもう明日から八月!
お盆の準備もあるし、う・・・ん、この真夏に遍路にでるのは自殺行為かも・・・と思いながら折角の休みなんだから行ってみたい気がむくむくと。

ドМの私は遍路に行くことにより、生きている実感、更にまだいけるかもしれないという自信(何がまだいけるんでしょうね💦)がとり戻せます。
でも行くまでが面倒臭いのよね。

流石にこの季節に交通手段と宿の確保なしに彷徨うことは自殺行為にも等しい。
迷っていたら背中を押してくれる人がいた。

前回一緒に行った友人が合流することになったが、半分は別行動。

最初お盆に行くにはスケジュールを立てることに出遅れたが、調べていくうちにあっさりとクリアできた。
これで安心!

・・・・・・・・


今回ブラブラしている間にとても恐ろしい事件が起きてしまいました。

言うのも嫌だし、繰り返し繰り返し流されるニュースに私はその影響の大きさを考えずにはいられません。

私は知的障がいのある方の為のショートスティの施設でボランティアをしています。
一見すると障がいがあるのが分からない方もおられますが、殆どのことは理解できるのですごい恐怖感と深い悲しみがあると思います。
だからあまり報道しないでほしい、と思います。
彼らの心はものすごくナイーブです。
私が少し他のことを考えて笑わないと、怒ったらあかんで・・・と言ってくれたりします。
その時に、自分の顔がきつかったことにはっと気づくのです。

そして重度の方も利用されています。

私が感じることは、重度のかたも意思表示はできます。
赤ちゃんは話せないけれど、その表情からお母さんはくみ取っていきます。
それと全く同じです。

事件を起こした人は自分がそれを全身で受け取る能力がないだけです。
全く言葉を話さなくても意思表示はできます。

いいえ、それどころか私たちよりも好き嫌い、敵味方はよく分かっていますし喜怒哀楽もあるし、それを私たちも受け止められる・・・・

と思うのが私の実感です。
プロフィール

まおあみ

Author:まおあみ
裁判所に行く機会が多い。
不動産会社に勤めていたが、さまざまなトラブルを見るにつけ、法律という鎧は必要であるが、反対に武器を振り回されてバッサリ切り捨てられた人の心のケアや対人関係の難しさに息苦しくなっている人のサポートをしたいと、考えるようになってきました。

最新記事
これで安心!楽しく生きる為の終活・遺言・相続相談室
いきいき終活ライフ
いきいき終活ライフ
翠の風の相談室(改訂版)
大丈夫! 一緒に考えましょう
任意後見公正証書の作成支援
翠の風 ブログランキング

FC2Blog Ranking

お友達のサイト 金魚伝心伝承
金魚伝心伝承
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR