FC2ブログ
スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

情報に振り回されないで自分で判断してみてください

私は最近糖尿の数値が上がって、真剣に体のことを考えるようになりました。
その時に色々と考えたり、調べたりして、行きついたのが、炭水化物の取りすぎでした。

私は、殆ど甘いものを食べませんから、血糖の上昇は炭水化物の過剰摂取が原因にほぼ間違いないだろう、と思っています。
そしてそれ以前からコレステロールの数値が高く、お医者様にコレステロール値を下げる薬を処方されて服用していました。

それが最近中高年の女性がコレステロール値を下げる薬を飲むと糖尿になる可能性があるという話を聞き、びっくり!
調べてみると、私の場合、確かに薬を服用した後に血糖値が異常になっています。

試しにお医者様数人にきいてみましたところ、殆どの先生は否定されましたが、薬剤師さんの一人は、聞いたことがあります、と答えてくれました。

自分で検証するのは難しいし、これが周知の事実として争いのないものになるのか、はたまた製薬会社が表に出したくない理由で公にならないかもしれません。

先日も、低炭水化物ダイエットの第一人者の方が死亡したニュースと共に、低炭水化物ダイエットは危険である、実践者が亡くなったのは間違っていることの証明みたいな記事も散見します。

そんなこと、私から見れば、厳密な実験としての管理データーがないものを、ただそれを実践していた第一人者がなくなったからと言って、それが間違いであったと結論付ける方が余程危険だと思います。

そして別に私はこの人を擁護している訳ではありませんし、この方法を支持しているわけでもありません。

私個人としては、自分に当てはめた場合、たしかに炭水化物を多く摂っていたのは事実です。
ですから炭水化物を控えるように意識はしましたが、完全に排除したわけではありません。
しばらくして血液検査に行こうと思っています。

ここで私が言いたいのは、情報はあくまで情報なので、利用するのはいいが、それに振り回されたり、盲信しないという意識があってほしいと思います。

お医者様を例に取ってみると、私たちから見れば皆様お医者様ですが、外科のお医者様、消化器系のお医者様、脳のお医者様など様々です。

当たり前ですが、専門違いのお医者様の話はあまり説得力がありません。

私は糖尿とコレステロールに関して、栄養学と脳神経学の先生の本を読んで自分の中で腑に落ちたので今実践中です。

糖尿の人は認知症になる確率が糖尿でない人に比べてかなり高いのは以前からしっていましたが、データーを見た時に、真剣に糖尿を治そうと思いました。

ひと昔卵は一個以上食べてはいけない、もっと前はバターはだめでマーガリンを食べなさい、と言ったことが健康であると言われていました。
現在これを支持している人はいないと思います。

このように薬、医学、栄養の分野は日進月歩です。
情報は氾濫しています。

その情報をどうぞ有益に使ってください。

そして少しだけ、テレビなどの情報の裏になにか隠れた意図が存在するのではないか、とちょっと立ち止まる時もあっていいと思います。

少し前にコレステロール値の正常値が変わりましたが、これにより、異常と判断される人が多くなりました。
そしたらお医者様はコレステロール値を下げる薬を処方できます。
みんながコレステロールの薬を服用しなくなれば、大打撃を受けるのは誰・・・・

そして最後に特に高齢になるとコレステロール値が高い方が望ましく、長生き、認知症にかかりにくいというのが最近の検証データだそうです。

また善玉、悪玉コレステロールがあって、悪玉コレステロールという名前がついた為に誤解されている悪玉コレステロールについても、役割が違うだけで本来は悪いものではなく、このコレステロールが酸化した時に血栓をつくると本当の悪いものになるそうです。

このあたりもちゃんと説明しないで皆様悪玉だから悪い、と思っているようですが、誤解です。

でも私は専門家でもないし、私の言うことを鵜呑みにしないで、自分で判断してくださいね。

これくらいのことは、インターネットでもでてくるでしょうし、自分が変だと思ったことは疑いを持って調べてみてください。
スポンサーサイト

恐るべし、玉の丞

私は猫女とカエル女です・・・・

動物は全般に好きですが、特にイヌ派猫派と聞かれたら、躊躇なくネコ!と答えます。

何故好きか・・・私の中ではネコ系動物が世の中で一番美しいフォルムを持っていると思っているから。
宝石のような目をしていて、ツンデレの性格に翻弄されるのが好きな私はドМ?

でも安心してください!
仕事している時はイヌになります!
ちゃんと上下関係を把握して忠実に仕事しますよ(笑)

猫侍って、全く知らなかったのですが、ネコの主人公、玉の丞に一目ぼれしたのですが・・・・
あれ、待てよ、この子って・・・・

そう! 昔アフラックのCMで♪招き猫ダック~♪と踊っていたあの子だったのです!
ということは二度ぼれですかね💦

で、インターネットで、この猫侍やるというので・・・・
なんと、ぶっ通しですべて見てしまいました💦

やっぱり恐るべし玉の丞。
昨日最初の分をすべて見て、そして、まっ、いいか、明日から仕事しようと思っていたのに、今日もシーズン2をぶっ通しで見てしまいました・・・・

外は雨もずっと降っていて、外にでるのも嫌で、まぁ、いいか…明日から仕事しよっと・・・
いいのだ、いいのだ、たまにはだらしなくゆっくり寝て、料理に時間かけて、だらしなく暖かいコタツで玉の丞を観る・・・・

ネコ好きとしては、ちょっと玉の丞がダブルキャストで変わるのがすぐ判別できるので、ちょっと嫌だったけど。

ネコ好き、イヌ好きは違う子が出てきたら、ちゃんと判別できますよね。

玉の丞を主演しているのはアナゴちゃんという顔の丸いグリーンアイの子ですが、ダブルキャストのさくらちゃんはアナゴちゃんに比べると鼻が長くて、ちょっと目のグリーンが薄いように思う・・・・

ソフトバンクのお父さんだってCMによって顔がちがいますよね~。

ああ、ゆるゆるの二日を過ごしてしまったので明日から頑張ります・・・・

ついでに早く寝ちゃおうっと♪

これって引き寄せの法則?

前回毎晩自分の体に感謝して寝ていることを書きました。

そしたらですね・・・・
またまた思い当たる情報(本)にヒットしまして現在読んでいるところです。

段々加齢のせいで・・・と思いこんでるのですが、健康診断の数値が悪くなってきました。

もともとコレステロール値が高かったのですが、前回の検査で糖尿病と診断されるくらいまで数値が上がり、とてもショックでした。

絶対に糖尿にならない!と思っていたからです。
何故なら糖尿は遺伝的要素が大きく、私は普段の生活でコーヒーに砂糖入れたことがないし、料理する時も殆ど砂糖は使用したことがありません。

他の女の人と比べたらケーキ殆ど食べないし、お酒も飲みません。

その私がなぜ、なぜ、糖尿病に??

と内心思っておりました。

で、最近は甘いもの食べなくても炭水化物の取りすぎで血糖値が上がることも分かりました。

なるほどね・・・・

これは合点がいくわ。
だって関西の女、粉もの好きだし、おうどん好き、パスタ好き、パン好き、ご飯好き・・・・

それで人様に、糖尿病って自己管理ができない人がなるのよね~と毒づいた手前、こりゃあかん、と思い炭水化物をかなり控えるようになりました。

結果、-5キロ。

口の悪い同僚から、あれっ、ホームページの写真にもどってきたね・・・と皮肉言われたけど・・・・💦

ところが波動の訓練に行った時に、何カ月に一回体調の良し悪しを計測するのですが、-5キロ痩せたので内心、ど~よ、とどや顔だったのですが、結果はまた塩分と糖分が、いつ頭と脳が切れてもおかしくないと言われ・・・・!!!!

まぁ、ここの機械はとても敏感なので普通の機械よりは敏感に反応するのですが、それでもショックで。

ここで教わったことは塩分と糖分は密接な関係があるそうで、塩分控えないとダメな人は糖分も控えないといけない。

で、少し前まで良かったので、このまま良くなると思っていたのに、急速に悪化。

何故、何故、何故、訳分からん。。。。。

おまけに頑固で私が言われたことを守ってないみたいに思われているのが分かる・・・・

説明が長くなりましたが、そんな時、脳みその本読んで、自分の体が多少の不具合がありながらも、ちゃんと動いていることに毎晩感謝して寝るようになりました。

そしたらですよ・・・・

その私の何故、何故、何故、に答えてくれそうな本を偶然発見しまして今読んでいるところです。

なぜ、ビンゴ! これや~!と思ったのかというと、書かれてあることと私の症状が見事に一致していたからです。

前回の血液検査の際、初めて血糖値が異常になりました。
その他に、肝臓の数値も少し高め、他に炎症を示す数値も高くなっておりました。

先生? どこが炎症起こしているの?
と痛風や甲状腺のけんさをしたけれど異常なし。

それ以降とにかく体重減らしてから採血しようと思っていたので、病院に行ってません。

あ、すみません、また説明が長くなりました。

実は自分の中ではもう何年も前からコレステロールが高く、それに慣れてしまっておりました。
それでも、こんなに血がドロドロじゃあ、頭か心臓に来るよ、みたいに言われてコレステロール値を下げる薬を少し前から服用していたのです。

それが今読んでいる本に、中高年でコレステロールが高くなった女性にコレステロール値を下げる薬を処方すると糖尿病になる、と書いてあったのです・・・・

そしてその他の症状もお医者さんの前に座っているか、よく当たる占い師の前に座った気分で、すべてビンゴでした。

関節の痛みや骨の痛みがあり、それが炎症の数値に出ていたのだと思いますし、おそらく脳みそも炎症を起こしていたのでしょう・・・それに時々記憶が中々取り出せない・・・。

私の場合、波動の訓練では塩分に注目していたので、よく分からなかったのです。

確かに外食が多くて、自宅で食事するよりも塩分過多なのは気づく時もありますが、その分自宅では他人が驚くくらい、野菜そのまま( ドレッシングやマヨネーズなし)食べれるし、お豆腐や納豆だって醤油なしで食べれます。

本当に内心納得できなかったのです、一緒に食事する人に、アンタの方がよほど魚に塩ふって醤油かけて食べてるやんと思っていました。

多分推測するに、私はコレステロール値を下げる薬で糖尿病になったのは間違いないと思います。

そして塩分より糖分が私の場合、問題で・・・・

更にその糖分は砂糖ではなく、炭水化物のような気がします。

しばらく、炭水化物は確かによく摂っておりました。
私がお赤飯大好物なのを知っている人がお赤飯くれましたし、見守りに行ってる時も朝から焼きおにぎりを二個も食べてました💦

こんなことが・・・・と思いますが、多分、こんなことが・・・なんでしょう。
そしておそらく私はグルテンのアレルギーをもっているのでは・・・と推測しています。

なんかごちゃごちゃ書いてしまいましたけど、言いたかったのは、私の体の問題ではなく、毎晩自分の体に感謝して寝るようになった時に、脳みそはそれを私の願望だと認識し、更になんでこんなに悪くなったんだ、という疑問に健気に応えようとして、以前にちらっと見聞きした情報を脳みその片隅にしまっていたファイルから取り出してきたんじゃないでしょうかね~。

これが、いわゆる引き寄せの法則かな? とちらっと思った次第です。

私の健康状態については、またビンゴ! だったと思える結果が出た場合、又報告します。

感謝!

最近脳みその本を立てつづけに読んでいるで、改めて体ってすごいわ!と思い、いつも寝る時に、私の細胞は異物が侵入したときもちゃんと戦い、心臓は休みなく血液と酸素を運び続け、脳みそはちゃんと適切な指令を出してくれるお蔭でこんなに普通に手足が動き、物を認識できて、有難う! と感謝するようになりました。

本当に私がずるをして仕事休んでる時も、寝てる時も、一日も休まず、しかも何十年も働き続けているのに感謝せずにはいられません。


私は犬に例えると何かな~?

あはは、トイプードルがライオンに向かって吠えてました!

テレビで見たんですけどね・・・・
ラブ、トイプー、ドーベル、ハスキー、オオカミ犬、土佐犬、ブルドッグ、ポメがそれぞれ散歩中にライオンに遭遇するという設定でした。
あ、もちろんライオンさんは放し飼いではなく、オリの中に二頭います。

私の予想では…ブルドッグはいけるかも・・・・
土佐犬は勿論行く!
そして意外や意外、トイプーとポメは行くかもね・・・

と思いきや、ビンゴ!
全くの正解を出してしまいました(笑)

ブルを強化したのが土佐犬?
土佐犬は闘うために人間がつくりだした犬種です。
土佐犬と睨み合ったライオンが目をそらして後ろをむいてしまいました。
流石です、
多分土佐犬とブルドッグは殺されても向かっていく血なんでしょうね。

他の大型犬はおそらく、どっちが強いか判断能力があったり、群れで狩りしたりするので、単独で戦わないのでしょうね。
負ける相手とは闘わない、野生を生き延びる知恵がそうさせるのかもしれません。

じゃあ、トイプーとポメは・・・・
恐るべし、怖いもの知らずなでしょうね~💦

私は犬に例えると何かな~?
と思ってしまいました。

相手の巨大さを判断できる脳みそはないし、大きな相手とタイマンはれないし、どっちかというと判断能力無の怖いもの知らずのチビかも💦です。
でもトイプーやポメみたいに可愛くない(笑)

右脳と左脳

最近よく寝ます。

以前の平均睡眠時間はだいたい6時間位。

それが最近は8時間位寝ています。

う・・・・ん、寒いから冬眠??

それもあるんですが、脳は寝ている間に記憶を補完しているらしくて。
頭の整理が追いつかないので、それでは寝てみましょう・・・ということで。

ここ数日脳に関する本を読んでいます。

脳に関しては昔からかなり関心がありまして。

何故かというと、父が認知症になったし、私自身もかなり前の話ですが、若年性アルツハイマーかと思うような状態になったことがあるし、スピリチュアルは本当にスピリチュアルか? 依存症や覚せい剤使用者は何故幻覚を見るのか、などなど。

色々疑問がありまして、自分なりに色々と考えておりました。

私はかなり敏感体質で波動というものがかなりの精度で分かります。
これも多分脳みそのどこかを使っているのじゃないか、と推測しておりました。

で、今回読んだ本の中に私が常日頃疑問に思っていたことの多くが、あ~やっぱり!と腑に落ちた瞬間がありました。

脳科学者であり解剖学者だった女性がある日脳卒中を起こし、一命は取りとめたものの、脳に大きなダメージを負い、話せない、字を見ても何か分からない、思い出せない、物の使い方も分からないなどの状態から8年以上かけて復活した話です。

この時に理論的な左脳のダメージが大きかったために直観の脳であるといわれる右脳の働きが活発になり、奇妙な体験をします。
これこそがスピリチュアルぽい世界であり、やはり本当に脳の働きだったんや!と私の直観があっていたのではないかと、嬉しくなりました。

多分私も右脳の方が発達していると自分でも思います。
だって感覚的なこと、一応絵描きとしてプロですし、直観的なので相談員をしています。
直観が鋭いので結構面白い仮設が立てられるのですが、左脳が発達していないので、それを立証する計算式が分かりません💦

そして時々見たり聞いたりするモノや音はリアルの世界かリアルでない世界なのかよく分からん境界も、右脳の働きの中にあるように書いてあり、あ~これも経験ずみ。

今まで成功意識が強く独立心が強い左脳の典型的なエリート科学者が左脳が壊れている間に右脳の活発な活動に触れて、人間性がどんどん変わっていきます。

そしてその中で奇跡の復活法を見いだしていきます。

しかし実際にはこんな簡単なものではなく、本当に凄まじい努力があるのですが、その努力を支えたのが右脳の直観と脳科学者としての経験でした。

脳科学者が脳卒中になってその体験を書く、というのは大変珍しいと思います。
そして左脳が優位を占める科学者が失笑を買うかもしれない経験を左脳の機能が戻ってきた時に書いたというのが、これまたすごいと思います。


今や脳卒中を起こした人もリハビリにより回復することが常識になっていますが、それでもなおその回復力を後押しする方法、考え方、リハビリの仕方があることがよく分かりました。

そしてこれは何も脳卒中の人に限らず誰にでも使えるメソッドです。

久しぶりにワクワクする本でした。

節分です、恵方巻を頂きました

節分に私の大好きな恵方巻を頂きました♪
叔母からの差し入れです。

この恵方巻のお店はお寿司屋さんなのですが、握りがない、巻きずしと海老と穴子の箱ずししかない、少し珍しいお寿司屋さんです。
ところがこの巻きずしが、滅茶苦茶美味い!
流石にこれだけで商売しているだけあって、とても美味しくて、年末に来年の節分の恵方巻を予約しないと食べられないというすごい恵方巻なんです。

特にすごい高価な材料が入っているわけではなく、普通の椎茸と人参、三つ葉、卵焼きしか入ってないのですが、そのバランスが絶妙で、私はこのお店の巻きずし以外1本全部食べたことはありません。(巻きずしがあまり好きではないので)

一度友人のお土産にしたら、そこの娘さんが、私、椎茸キライだから食べない!と言っていたのにお母さんが、折角頂いたのだから一口だけでも食べてごらん、と言われ、嫌々口にしたのですが・・・・・

あら不思議、とうとう1本食べてしまいました。
それくらい美味しいのです。

それを今年の恵方に向かって、今年一年無事すこせますように・・・と思いながら頂きました♪


 
プロフィール

まおあみ

Author:まおあみ
裁判所に行く機会が多い。
不動産会社に勤めていたが、さまざまなトラブルを見るにつけ、法律という鎧は必要であるが、反対に武器を振り回されてバッサリ切り捨てられた人の心のケアや対人関係の難しさに息苦しくなっている人のサポートをしたいと、考えるようになってきました。

最新記事
これで安心!楽しく生きる為の終活・遺言・相続相談室
いきいき終活ライフ
いきいき終活ライフ
翠の風の相談室(改訂版)
大丈夫! 一緒に考えましょう
任意後見公正証書の作成支援
翠の風 ブログランキング

FC2Blog Ranking

お友達のサイト 金魚伝心伝承
金魚伝心伝承
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。