FC2ブログ
スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遺品整理やお家の整理、間違うとあなたが処罰されます

今日遺品整理のお仕事をしている方とお話をしました。

遺品整理というとインパクトが大変強いのですが、別に遺品整理に限らず、そろそろ身の周りの整理を始めてもいいよね・・・
みたいな生き方、どうですか?という話で盛り上がりました。

最近綺麗なお洋服を見ても・・・・
いや、待てよ、クローゼットに入りきれないほどの服があるじゃないか・・・
これが死んだら膨大なゴミに変わるんだわ!

買うの、や~めた・・・・みたいで落ち着きます。(笑)


そうなんです、私も終活に入っているんですね。

私のお友達のお家もお父様とお母様が亡くなって久しいけどお部屋はそのまま、と言っていました。

でもこの片づける、捨てるという作業は結構心身共に疲れます。
愛着、執着で中々処分できない・・・・
だから自分で持て余すときは専門家に頼るのが一番だと思います。
一人でできない思い切りが他の人と協働の中で納得がうまれてきます。

その時の業者選びは結構重要だね、という話をしていました。

コンプライアンス遵守の会社を選ぶこと、これがとても重要になってきます。

なぜならば見積もりを取ったけれど、実際には何倍も請求されたとか、依頼した処分品が不法投棄されていたなど。
そもそも家庭からでた不用品は一般廃棄物ですので、産業廃棄物の許可を持っているので処分できるという説明は不適切です。
このとばっちりを受けるのは依頼者ですから是非注意してくださいね、処罰される可能性があります。

もし関西圏内でよい業者さんを知りたい方は連絡頂けましたらご案内いたします。
私自身の立ち合いもOKです・・・・て業務案内みたいになってしまいました・・・・

私は生前葬も元気な内に是非やってみたいと思っています。
生前葬も少しはモノを処分できていいかも。

親しい人に自分の大切にしていたものをもらって頂くのです。
形見分けもいいですが、生きている内に自分の意思で有難う、貴方にはこれを貰ってくださいね、とお渡しするのが良いのではないかと思っています。


スポンサーサイト

羽生結弦はすごいと思います

私は最近自分ではスポーツしません。

つい最近テニスクラブのお誘いがありましたが、どうしてどうして・・・
黙々と歩くぐらいしかできません。

でもスポーツ観戦は割と好きな方です。
スポーツというより 仕事がら? メンタルな部分がどんな影響を及ぼすのか関心があります。

昨日はスケートを見ていました。
羽生結弦さんは惜しくも銀メダルでしたが、この方は若いのにすごいですね。

足が長くて表現力もすごくて。

でもこの方を見ていると、何歳?と思うくらい大人なのに感心します。

きゃあきゃあ~と黄色い声が飛ぶので、何?と思ったら彼への声援でした。
こんな状態でも冷静で。
しかも飄々としていて。

しかし負ければ、ちゃんと悔しいという潔さもあるし分析して次の修正に言及する。

昔はこういう優等生タイプはあまり好きではなかったのですが、彼は優等生ではなく、恐ろしく胆の据わった人なんだろうと思う。

インターネットを見てるとなんか少し批判めいた記事も目にしましたが、私は相次ぐ事故や病気、ケガと散々だったにもかかわらず、あれだけ最低の中で合わせてくるのは すごい!と思います。

見かけよりもずっと強い精神力を持っているのだろうな・・・と想像します。

普通大会二連覇とか記録がかかっていると誰でも気負うもの。
でも彼の転倒は気負いからではなく、やはり十分練習できていなくて微妙な調整ができていなかったのではないかと勝手に想像しています。

何が言いたいのかというと、繊細な外見に反してものすごい胆が据わった人なんだなと。
この自分をコントロールできる能力はすごい、と思う。

わたしなんか日常のくだらない些細なことにどれだけストレスためてしまうか。
はっきり言ってバカである。

この何にも動じない心が彼を超一流のアスリートにしているし、もう一つ、やっぱり、もっているんでしょうね~。
生まれた星の強さか、東北の人達の思いが彼を支えているのか分からないけど。

あまりにも大人すぎて・・・

でも私の好きなタイプでもある。

私はあんまり頑張ってます、を前面に出してくる人は苦手であるので、私自身も、のほほんとして、お前ホンマに仕事できるのか?と言われた時に、てへっ、できましたね~というくらいが好きである。

だから羽生結弦は私の中では、多分他の人と違う意味でカッコよすぎて、またすごすぎて頭があがらない。
ずいぶんと年下なのに尊敬する人の中に入ってしまいます。

足の爪が剥がれてしまいました

お風呂から上がると右の足の親指の爪が剥がれてしまいました。

去年の年末からお正月にかけて、歩き遍路に行ってました。
流石にこんな時期に遍路はしないのでしょうか、殆ど他の人には会いませんでした。

ものすごい寒波のときで、本当に吹雪の中をひたすら歩いてました。
私の頭の中では、砂の器の、故郷を逃げ出して流離う親子の映像と音楽が流れていました。

印象深かったのは遍路の居ないお寺で、元旦でしたので初詣の人の中に紛れていると、後ろからとんとんと肩を叩かれて振り向くと・・・・

見知らぬ人が、「私たちは車の中から貴女が雪の中を歩いているのを見たの、これで温かいお饂飩でも食べて下さい」となんと、千円頂いたのです!

お接待は断ってはいけないので有難く頂戴しましたが、勿体無くてとても使えずに、今もお守りのように持っています。
本当に遍路をしていると人の有り難味がわかり、自分の足で歩けること、あらゆることに感謝が沸いてきます。

そしてこの時に右足の爪を傷めてしまい、紫色になってしまいました。
でも歩いているときは痛みが分からずに、帰宅してから気づいたのですが、歩きすぎてとは分からずに、皮膚科に行ったら、先生がアッサリと「長距離歩くか走りませんでした?」と聞かれました。

「ええ、歩き遍路に・・・」

「それですよ、神戸マラソンが終わったらこんな人がいっぱい来ますよ・・・」

「ああ~なるほど・・・」

それが今夜とうとう剥がれてしまいました!

蟹が脱皮するように、出てきた爪は柔らかく、しかも前のダメージを引きずり、ぼこぼこになってしまいました。

久しぶりにブログに戻ってこれました、感謝

久しぶりにブログに戻ってこれました。

前回書いたのが去年の8月17日になっていますから、ずいぶんと冬眠していたものです。

その間・・・・見た目冬眠ですが、私の人生で色々とありまして・・・・

何から書いてよいのか、また書くべき時期なのかも分からず、その内書けることは少しずつ書いていきたいと思っています。

そして、今回戻ってこれたのは・・・・実は昨日が父の命日でして、その前日には無事に一周忌の法要も済ませました。

ここらでケジメと一歩踏み出して歩いていかなければ・・・と思った次第です。

簡単にどんなことがあったのかお知らせしますと・・・・

父の死をキッカケに身内ですごいことが起こりました。

まぁ・・・大塚家具のようなものです。
あれほどの大きな会社でもないので、例えること自体が大変失礼だと思っていますが、実の娘を親やその兄弟が追い出しにかかるという構造では同じです。

まぁ普通では考えられない仕打ちを受けまして、私は私のやり方で戦い、一応決着がつきました。

争うのが故人の意思ではないと思ったし、私は今後の自分の人生を無駄な争いに費やしたくなかったので自分の納得できる形を選びました。
結果私は自分の実家がなくなり、身内もいなくなりました。

あはっ、笑ってしまいますね・・・・
法律を(普通の人よりは)よく知っていて、しかも心の相談員をしているのにですよ・・・

でもこの事からみて、相手があることなので、自分だけでは何ともしがたいものもあるとわかって頂けたのではないかと思います。
この分、多分私はすごい相談員になったと思いますよ(笑)

そしてその間に事務所の引っ越しや、他の仕事が増えたり減ったりして、忙しく、あっという間に今日まで来てしまいました。
そしてもう一つの大きな事件は、ここのところ本当に心身共に疲れ果て気力体力共にすごく落ちて、挙句の果てにがんの腫瘍マーカーが異常の一歩手前まで上がってました。

これは現在正常値まで戻しましたが、この時も一応死を身近に感じましたね。
この時もいつ死んでもいいような生き方をしようと思った次第です。

その時に思い付いたのが四国遍路でした。
父の追善供養と自分の気力体力回復の為に歩き遍路に行こうと思ったのです。

流石に仕事してますので、通しで行くことは出来ずに、区切りうちという方法でしか行けません。

中々区切りうちでも数日間連続して休みを取ることは大変難しいのですが、それでも続けていきたいと思っています。

遍路は・・・・本当に素晴らしい体験の連続でしたので、またの機会に是非書いてみたいと思います。

今日ここで書けるのは・・・遍路に行くことで元気になりました!
毎日約30キロ前後歩くのですが、運動不足だったのでしょうね・・・・
ある程度筋肉が戻り、膝が痛い、腰が痛いと言っていたのが…治ってしまいました!

やはり全て感謝につきます。

生きているのも感謝、遍路に自分の足で行けるのも感謝、こうしてまたブログに戻ってこれたのも感謝、です。
プロフィール

まおあみ

Author:まおあみ
裁判所に行く機会が多い。
不動産会社に勤めていたが、さまざまなトラブルを見るにつけ、法律という鎧は必要であるが、反対に武器を振り回されてバッサリ切り捨てられた人の心のケアや対人関係の難しさに息苦しくなっている人のサポートをしたいと、考えるようになってきました。

最新記事
これで安心!楽しく生きる為の終活・遺言・相続相談室
いきいき終活ライフ
いきいき終活ライフ
翠の風の相談室(改訂版)
大丈夫! 一緒に考えましょう
任意後見公正証書の作成支援
翠の風 ブログランキング

FC2Blog Ranking

お友達のサイト 金魚伝心伝承
金魚伝心伝承
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。