FC2ブログ
スポンサードリンク

なんのために生まれて なにをして生きるのか こたえられないなんて そんなのはいやだ!

やなせたかしさんが亡くなられてアンパンマンのマーチが話題を呼んでいる。

私は年行き過ぎてアンパンマン世代ではない。

もちろん絵の好きな私は昔からやなせたかしさんはイラストレーター詩人としてよく知っていた。
アンパンマンとは程遠い華奢な人物の多いイラストで、どことなく暗かった。

でもアンパンマンは流石に知っていた。
そして子供たちはどうして、こんなにアンパンマンが好きなのか不思議ではあった。

それくらいの知識しかなかったのに、ある日突然アンパンマンの歌を聞くことになったのである。

自立支援でお世話させていただいている重度さんが、あまり意思表示はしないが、アンパンマンの歌を聞くと喜んでごはんを食べてくれるという情報があり、支援者のひとりがアンパンマンの歌を用意してくれたのだ。

確かにアンパンマンのマーチが流れると、にこっと笑う。

やっぱり好きなんだ・・・と食事中ずっと流していると、段々歌詞を覚えてくる。


なんのために生まれて なにをして生きるのか
こたえられないなんて そんなのはいやだ!

なに~!!!

子供がこんな歌うたって、理解してるのか???
子供がこんな歌好きなのか~???

という驚きだった。

深い、深すぎる~、と思っていたら東北の大震災の時にこの歌が話題になり、大変勇気付けられた、というニュースを知った。


そうなんだよね・・・・

今私はちょっといろいろと考えることがありまして・・・


なんのために生まれて なにをして生きるのか
こたえられないなんて そんなのはいやだ!



という気分なんだよね・・・・

やっぱり自分の人生に誇りを持って生きたい。

まぁアンパンマンはそんな誇りより、人を助ける勇気が大事だせ!と言うだろうけど・・・
スポンサーサイト



どうしてボクは普通の家に生まれて来れなかったのかな~?

どうしてボクは普通の家に生まれて来れなかったのかな~?

お父さんとお母さんが仲良くて、いつも皆が笑っていて・・・・

ぼくが怪我をしたとき、心配したお母さんは仕事全部放り出して病院に連れて行ってくれ、

試験に落ちたときは、人生試験だけじゃないさ、また次頑張れと軽く小突きながら励ましてくれるお父さんがいないんだろう・・・

兄弟げんかしたら、やめなさい!
あなたはお兄ちゃんなんだから、弟はまだ小さくてよく分からないのだから許してやりなさい、と教えてくれるお母さん、弟にはお兄ちゃんの言うことをよく聞くのよ、と言ってくれるお母さんがいないんだろう・・・

お父さんが仕事なくしたときに、大丈夫よ、家なら何とかなるから・・・とお父さんの肩に手をかけ、優しく声かけるお母さんがいないんだろう・・・

お母さんが病気で入院したときに、私がついているから大丈夫! 心配するな、とお母さんをぎゅっと抱きしめるお父さんがいないんだろう・・・

僕たちは家族、一つの家族。
何があってもバラバラになんかならない。

そんな家族の中でうまれたかったな・・・・

認知症の人を受診させる難しさ

私は認知症ライフパートナーと言う資格を持っています。
認知症とそのご家族に認知症を正しく理解して頂き、早期発見や認知症の方との関わり方や残存能力の引き出し方などのアドバイスをしています。

そして後見人の仕事をしたり、公正証書の作成の支援をしたりしています。
更に相談員として結構強力な特殊な能力も持っています。

ですから、他の人がおかしい、と気づくかなり前からその前兆を感じることが出来ます。

それでも一番難しいのが、どのタイミングで認知症を意識し、受診するかだと思います。

大抵のご家族はある程度の時期がくるまで分からないことが多いようです。

ご本人も最近、少しおかしいな~位の自覚はありますが、不安も強く、でも行動を起こしません。
起こさないばかりか、隠してしまう場合もあります。

緊張して第三者と話していると、ほとんど分からない場合が多いです。


人は大きく分けて二種類のタイプがあるようです。
怖いので、動こうとしない人と、怖いので何か早めに対処をしたい人。

早めに対処をしたい人はすぐに行動を起こしますから、ここでは問題にしません。

少し変わってくるのには、前兆があります。

最近なんだか、性格変わった?と思えるようなことがでてきます。

怒りっぽくなったり、人のせいにしたり、お金に関してうるさくなる人もいます。
そして家族の中で特にひどく攻撃される人がでてきたりします。


この様なときに周囲が気づいてあげ、早めに受診することをお薦めします。

ただ、本人様はこのような受診を拒む場合も考えられますので・・・・
その場合は先生に協力していただいてひと芝居うたれてはいかがでしょうか。

持病で通院していれば、そのついでに。

そして通院していなければ、付いていく人が体調が悪いことにして、診て貰うので同行してくれるようにお願いして、ついでに本当は診て頂きたい本人にも受診を薦めてもらいます。

ただ・・・結構頑固になっている人が多いので、それも大変難しい、と覚悟をしておいてください。

しかし早期に対策を取ることがご本人、ご家族にとっても安息を得られることには間違いありません。

そしてアドバイスをもう一つ。

認知症はやはり専門の病院で判断していただくのが一番です。

専門病院でないと、年相応です、なんて言われて見逃してしまう場合もあります。

現に私の場合もMRIをとってもらいましたが、詳しい診断になると専門病院に行ってください、と言われました。
内科や外科で診てもらったのではなく、脳神経疾患の専門病院だったけど、素人からみたら同じでは?と思ったがちがうらしい。

そして支えていくことになる家族が認知症を正しく理解できたら、お互いのストレスの軽減になるし(認知症はストレスで進むこともある)よい方向に向かえるのではないかと思う。

不思議ストーリー まおの命日に

まお命日の花


10月20日はうちのにゃんこの命日であった。

命日にはお花を飾る。
我が家ではにゃんこの名前のついたバラとクレマチスがあるが、まおの白いバラはまだ少ししか咲いてない。

仏さまのお花ではなく、白を基調としたお花をかってくる。

写真はサーモンピンクのカーネーションが少し濃く写っているかな~?
実際はもっと薄めです。
そして後ろの百合と薄ピンクのグラジオラスもまだ咲いてないので、少し淋しい。

お花を見たり、いじったりするのはとても好きで、その間幸せな時間なのですが、基本的に貧乏人なので、美しい形を保つために余計な蕾や枝を切る思いきりがないので、いけません・・・・



話を戻します。


何年かぶりに以前お世話になった動物病院の先生にメールを入れました。

あるわんこサプリの紹介だったのですが、抗酸化を促進し、大変おもしろいと思ったので、是非専門家の先生に冷静な評価をして頂きたいと思ったのです。
先生は珍しく好奇心旺盛で頭から否定せずに良いと思ったものは試し、紹介してくれたり、反対に私たちの持ち込んだものを見てくれたりしました。

その先生に久しぶりに連絡を取ったら、快諾してくれたのでサプリを送ることに。

そして気がついたのは・・・あ・・・まおの命日だ。
まおが亡くなった時に先生は家に来てくれ、まおの体をきれいに洗ってくれました。

でもその頃先生は重篤な患蓄さんをたくさん抱えていたので、お礼をする機会もなく、そのままになっていました。

おかん、ボクがお世話になったのに、お礼してないやんか~。
ボクの仲間が元気になるように、先生に伝えてよ~

と、言ったのが聞こえたのか・・・・

とにかく命日に先生にメールした・・・・


独り者の人生の仕舞い方

すみません、決して脅かしているわけでもなく、不安を煽っているわけでもありません。

でも単身者の方はご自分の人生の仕舞方を是非考えて頂きたいのです。

いくらお金をもっていても、悲しいかな、死んじゃえば自分の思うようにできません。
死んでしまえば、後は何もない、後は煮るなり焼くなり好きにしろ、という方はさておき、やはりこんな風にお葬式をしてほしい、こんな風に埋葬をしてほしい、だれそれに伝えてほしい・・・などなどあると思うのです。

家族のある方は多分家族がしてくれるのでしょうが、家族のない人はそうはいきません。

あ、余談ですが、きょうび家族でさへ自分の家の宗教が何か知らない人も時々あります・・・

話をもどしますが、自分で自分のことが出来ない以上、だれか信頼の置ける人に頼むしかありません。

それでもそれなりの財産があれば変な友人もでてきます。

ですからやはりエンディングノートや公正証書遺言を書いておくことをお勧めします。

そして毎回言っていますが、自分は独り者、と思っていても相続人がいることもありますのでくれぐれも注意してください。
全く知らない人が相続人として現れてくることがあります。




老後の婚活と子供たち

老後に関する考え方は一人暮らしの人と家族の同居の人と随分と誓いがあるようである。

更に一人、と言っても本当は子供たちがいて独立したので、一人暮らしと言う場合もある。

更に、更に、男性の一人暮らし、女性の一人暮らしとこれまた違うようである。

最悪は今まで全てを奥様に任せきりだった人。
一人になることが考えられないようで、さだまさしの歌のように、奥様は自分より早く死んではいけない、と本気で思っているようだ。

昔はこのような考え方にずいぶんと反発もしたが、今は少し可愛くもありながら、それではその後の人生いきていけないぞ!と心配になったりする。

それでも大抵の人は環境に馴染み、出来なかった洗濯や料理を覚え、更には趣味の会やスポーツクラブに参加したりして、次の人生を踏み出せる人もいる。

女性が年下で長生きするから、本来の平均寿命でいけば、男性の方が先に逝くようになっているはずであるが、自分の人生が必ずそうなるとは限らない。

もっと積極的に婚活する人もいるし・・・・
本当の単身者なら、婚活もよいが、子供たちがいる場合は、少し難しい問題もでてくる。

そう、相続問題が発生するので、財産もない、子供たちにも遠慮することもない人であれば、正式な結婚も問題にならないだろう。
ただ、子供たちと良好な関係だったのに、この日を境に良好でなくなる場合もある。

勿論すでに大きくなった子供たちを捨ててもいいし、一番は説得することだと思う。

自分は恋愛中で舞い上がってしまっているのかも知れないが、子供たちにとっては突然ライバルが現れて、自分がもらえると思っていたものを半分もっていってしまうのだ。

この説得ができずに、結婚してしまうと大変嫌な思いをすることになる。
奥様になる人にとっても茨の道になるので、このあたりは十分と時間をかけて話し合うことが必要になってくる。


誰も突然に認知症になるわけではない

認知症についてある人と話している時に、認知症の人の不安について話したことがあったが、その人は、認知症の人が不安になんかならない、と言うので、それはちがう、と少し言いあいになった。

誰も突然に認知症になるわけではない。
認知症は静かに進行する。

最初は、同じものを何度も買ってきて、あれ~!と思う。
私って少しぼけてきた? と不安になってきたりする。
少しずつ、日常生活に不便を感じるようになってくる。

あれ、今日は何日だっけ? ゴミの日はいつだっけ? 支払はいつだっけ?
あれ、この道であってたっけ?

それが重なってくると不安が増し、うつ傾向になったり、人によってはそのミスを隠そうとする。

だから早期発見が難しくなってしまう。

早期に発見できれば、その後の進行をより緩やかにすることもできる。
そして認知症は環境やストレスによっても随分と進み具合がちがう。

欠点だと思ったものが特技になることもある

欠点だと思っていたことが特技になることがある。

私の例である。

私は小さな時から、よく頭が痛いと保健室のお世話になった。
そして医者からは自立神経がおかしいと言われ、仮病だとか、神経過敏だとか言われ続けてきた。

ところが、どっこい! 人の縁とは言うのはわからないもので、ある人と知り合い、スカウトされた。
放射能や波動の研究をしている人で、今まで数人の人を特殊訓練してきた。

その人により、私の神経過敏と言われ続けてきたことが、実はかなり精密な人間計測器みたいな体だったということが証明されたのだ。

実は物体は微妙に振動しているらしくて、私はその微妙な振動の波動が読めたのである。
だから普通の人が関知しない微妙なものを関知していて体調が悪くなっていたのだ。

それが科学的に証明されたときは、号泣するくらいに嬉しかった。
多分この苦しみは本人にしか分からないと思う。

嘘や大げさなことを言っているわけではないのに、いつも大げさだとか、また変なこと言ってるわ、とか、坊主憎けりゃ袈裟まで憎いタイプやろ、とか言って信じてもらえなかったのだ。

何が悲しいて・・・信じてもらえないということはとても悲しい。
しかも信頼関係を一番大切だと思っている人間が信じてもらえないのだ。

私はこの博士(私はこう呼んでいる)に出会って人生が変わった。

散々私の長い人生で私を苦しめ続けていたことが、この日を境に自信に変わったのだ。

私はラッキーだったのかも知れない。
博士と知り合わなかったら、一生神経病みと称され、自信に変わる事はなかったかもしれない。

本当に人との出会いはドラマティックである。

だから、今悶々としている人がいても、必ずあなたの才能を認めてくれる人が現れると思う。


怒らない、それは相手の思うツボ

私の住んでいる場所では幸いにも台風の影響は殆どありませんでした。

しかし自立支援の施設からそのまま、高野山の麓まで直接行った私は夏服で、冷たい雨に降られて無茶苦茶寒くて死にそうに。

見た目言ってる余裕なく、夏服のチュニックの下に施設で着たポロシャツを着込み、靴下はき、首にはタオルを巻き・・・変な格好でした。

でも訓練の後に熱いお風呂に入らせて頂いたので、一気に天国へ。

今日もものさしの違いを実感した日でした。

もちろん人それぞれの考え方があって当然だし、どれが良くてどれが悪いという訳ではありません。

私の友人の中にこのものさしの違いに対しても理解を示せる大変有難い友人がいますが、概ね人は同じ考え方、感じ方の人の中にいた方が居心地が良いようです。

この人はかなり憤慨していました。

昔は私もかなり怒ることが多かったのですが。最近は年のせいでしょうか。
殆どあまり怒らなくなりました。

まぁ年のせいというよりは、本当は怒って、こっぴどい目にもあってきて学習した、というのが本当の所でしょうか・・・・

怒ると自分の血圧は上がり、動悸はするわ、眠れないわ、で決して体と心によくありません。
自分の吐いた毒が体中を駆け巡ります。
それでは自分が壊れてしまいます。


そこで怒りに任せずにコントロールすることを覚えました。

自分の体をくだらない相手の為に自分でダメージを与えるのが馬鹿馬鹿しくなり、それでは相手の思うツボと思うようになったのです。

せめて今日は夕方まで、自分の時間をゆっくりしよう・・・

今朝は、朝早くの仕事がなかったので、ゆっくりと目覚めました。

そしてベランダにでて、植木に水遣りと肥料、ついでにミニバラの古い花をチョッキン、チョッキン。
最近きれいに咲いている状態を見て、きれいに咲いたね~♪とほめてあげるのを忘れてました・・・

忙しくなると日常の目の前にあることに対処するのが精一杯になり、ついつい地道な作業を忘れがちになり、また行動が伴わなくなってしまいます。

私はまず、ゆったりとするように心がけました。

私は強い電話のストレスにさらされていますので、極力この時期には電話を意識しないようにして、部屋を片付け、アロマ、もしくはお線香をたて、そのときの気分にあった音楽をゆるくかけます。

そして本をよみたいのをパスして、まず書類の整理。

そしてまた仕事の方向性と、どこまで実行できているかの確認。
本当は毎日の中で、少しでもこの時間を作ることが、とても大切なんでしょうが、中々実行できていません。

時間は作るもの、と言いながら中々・・・・

せめて今日は夕方まで、自分の時間をゆっくりしよう・・・




AEDて、夜使えます?

世間では連休ですが、相変わらず仕事してます。

パソコンが立続けに調子悪くて、しばらくパソコンが見れませんでした。
台数だけは結構あるのですが、どれも調子悪い。

ノートが便利で使用していたのですが、久々に机に向かってデスクトップパソコンを使用。
こちらの方がスピーカが良いので、音楽聴くにはこちらの方がいい。

少し前から波動を狂わしていたので、ちょっとメンテが必要で、数日前にエクササイズをしたのも良かったし、好きな音楽を聴きながら適度にリラックスしたり、アロマを使い立て直しを図っています。

波動が狂うと普通ありえないミスやトラブルにあいます。

普通の人は、運気が落ちた、と思うのかも知れません。


テレビで救命の現場でAEDを使用しているのを見ました。
私は実際に使用したことはないが、講習を受けた人に聞いたら、機械が勝手にしゃべるから、そのとおりにすればよいので簡単だと教えてくれたが、現場で果たして冷静に使用できるのか・・・・

機械は人間のように、不可能を可能にしたり、希望を捨てずに対処することはなく、心臓が止まっていたら機械が作動しないと聞いた。
あくまでも心室細動に対して電気ショックにより心臓の働きを戻すことにあるので、心臓が動いていないと機械が反応しないらしい。

昔に救命救急士の講習を受けたことがあるが、こんなものはまだなかった。

早急にこのAEDを使用することによって救命率が高くなるそうである。

最近は色々な場所で見かけるようになったが、みんな大学やスーパー、裁判所など公的な場所や大きなショッピングセンターなどでも見かけるが、でもみんな深夜しまっているよね・・・・

じゃあ、夜中には役に立たないよ
更に一人暮らしで倒れたら、当たり前だけど自分でAEDできない・・・・

もうこうなれば、運の悪さ、強さに分かれてしまうが、本当に運の強い人は、一人暮らしでも、スポーツクラブで脳梗塞で倒れた人がいるし、家族がいても、同じ部屋で熱中症で倒れてて気づかれなかった人もいる。

一人でAED使うことは不可能なので、これは除外して、ではどこで、深夜でも入手できるか、常日頃から意識しておく必要がある。

最近はコンビニに設置しているところもあるらしいが、殆ど間違いないのは多分ホテルだと思う。
私は街中に住んでいるので、結構ホテルがたくさんある。

しかし、数分を争う場合にすんなりホテルから借りてこられるかはやはり疑問が残るが、知らないよりはましかも。
最近は小型のものや価格もかなり安くなってきているし、レンタルもあるようなのでこのようなものを利用しても良いかもしれない。
マンション管理士としては、マンションに一台設置するのもいいかもしれない、と思うのだが・・・




どMの私は大量の汗をかきながら、キツイ、と言いながらいつの間にか気分は上昇

自立支援の仲間が最近ダイエット中と言うことで、あまりご飯も食べないし、縄跳びの紐が付いてない、エアの縄跳び?があるらしく、それで運動していた。

それでやせました?

う~ん、ちょっとだけ・・・・



昔流行ったビリーザブートキャンプを思い出し、貸してあげた。

一仕事終わり、自由時間にエクササイズをするのを見ている内に、折角なら一緒にしようか・・・と始めたら・・・

き、きつい、でもなんとなくまだできる

どMの私は大量の汗をかきながら、キツイ、と言いながらいつの間にか気分は上昇。

最近の体動かさないミツユビナマケモノから一転、なんかやる気がでてきたぜ~!!!

みたいになって、久しぶりに体を動かす爽快感が。

私もダイエットしないと相当ヤバイので、この機会に週一一緒にビリーをしようっと♪

もう一人の相棒はデュークのウォーキングとバレエをしているので、細マッチョ。

私はスキー、バレー、ヨットをしていたので、どうしても円柱みたいな体型に(泣)
それでも昔はうっすらと腹筋割れていたのに、今は見る影もなく(泣)

しかしビリーは確か50代で何でこんな早い動きができるのか、しかもずっとしゃべりながら、
アンビリバボー!

どうやら私はすぐに筋肉が落ちて贅肉に変わり、でもまたすぐに筋肉はつくみたい。
贅肉の中から早くも筋肉が確認できた。

よっしゃ~、昔の体型の戻るぞ! ・・・・といつまで続くか分かりませんが、久しぶりに達成感がありました。
やっぱり健全な肉体と精神は一致していると実感。

本当にストレッチしないと足首は硬くなるし、昔はとても体が柔らかだったのに、今は関節も硬いし、中性脂肪が
高くなり、スタイル云々の前に健康診断に引っかかる始末。



筋肉強くなれば歩行困難な人を支える時も心強いわ!

稲荷は紫、妙見は黒

実は私、ちょっと、特殊な才能がありまして、波動が分かります。

昔からかなり敏感な体質で、よく頭痛いとか、変なにおいがするとか、言っては信じてもらえませんでした。

しかし波動というものを知ったときに、私の感覚が錯覚でなく、波動を読んでいたと言うことが波動測定器で実証されたときはとても嬉しかったです。

そして今回は面白いお話を?

科学的な波動計測器で色々なご神体の波動を調べた結果、お稲荷さんの波動は紫だと分かりました。
紫は人が集まる波動です。

そして妙見山は 北辰妙見菩薩を信仰し、道教における星辰信仰、特に北極星・北斗七星に対する信仰ですが、北は黒を表します。
そう、妙見さんの波動は黒でした。

すごいですね、やはり大昔の人で、分かる人によってご神体になったのでしょうか。
プロフィール

まおあみ

Author:まおあみ
裁判所に行く機会が多い。
不動産会社に勤めていたが、さまざまなトラブルを見るにつけ、法律という鎧は必要であるが、反対に武器を振り回されてバッサリ切り捨てられた人の心のケアや対人関係の難しさに息苦しくなっている人のサポートをしたいと、考えるようになってきました。

最新記事
これで安心!楽しく生きる為の終活・遺言・相続相談室
いきいき終活ライフ
いきいき終活ライフ
翠の風の相談室(改訂版)
大丈夫! 一緒に考えましょう
任意後見公正証書の作成支援
翠の風 ブログランキング

FC2Blog Ranking

お友達のサイト 金魚伝心伝承
金魚伝心伝承
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR