FC2ブログ
スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もう少し方法があるのでは・・・と思ったが言えない

今日はなんとなくよく分からん人と話した。

ただの談笑ならそれで済むのだが、交渉というか、揉め事の中での話で、双方の話はよく分かるのだが、かみ合わない。

それぞれの主張を法律に落とし込んでいくのは、確かに難しいことかも知れない。
でも、一つずつ具体的につぶしていくしかないのではないかと思う。

それを専門家なのに具体的な話がないまま、至って抽象的なので、ちっとも前にすすまない、厳しく言えば愚痴みたいになってしまっている。

話の仕方によっては、もっと進む(解決できる)のではないか・・・と思ったが、さすがにそこまで言えない。

スポンサーサイト

自分の限界をつくらないすごい80代

先日、80歳でエベレスト登頂に成功した三浦雄一郎さん、またまたすごい人をNHKのプロフェッショナルでみた。

その人は88歳の染色家で人間国宝、志村ふくみさんである。

以前から志村さんの美しいお着物は知っていた。

私は日本画を描いていたので、和の色が好きだ。
そしてわたしも志村さん同様、色を見ているだけで、何時間も過ごせるし幸せな気分になれるタイプの人間だ。

志村さんのお着物は本当に自らを主張しないが、とても、とても言葉で言い表せない色合いが微妙に重ねられて紡がれている。

でもお人柄なり、詳しいことは今日のテレビを見るまでは知りませんでした。


最初に驚いたことは、とにかく、お美しい!!

肌艶がよくて健康であるのがすぐ分かるし、お話ぶりからも頭脳明晰なのがよく分かる。

いや~三浦雄一郎さんといい、この志村ふくみさんといい・・・・

確かにこの方たちから見たら、私は鼻たれ小僧なのである。

ここまで元気、並外れた体力と精神力は一体どこから来るのか。

お二人に共通しているのは、まだまだやる気があるということなのだと思う。

自分の限界と言うものを作っていないのだ。

志村ふくみさんは、染色学校を日本の伝統文化の後継者育成のために立ち上げられた。

お二方とも、まだまだ・・・なのだ。

それに比べて、自分の体調管理もろくにせず、片足棺おけに突っ込んでるから、脳みそ半分腐ってます、と平気で言っていた私はなんて恥知らずなんだろう、とかなり恥ずかしくなった。

いつまで経っても、衰えない情熱と努力に頭が下がるばかり。

せめて少しでも近づけるように、病気にならない体をつくること、を意識したいと思う。

小食、バランスの取れた食事と十分な睡眠と、ストレスを溜めないこと。

う~ん、どれも私にはかなり難しいが、それでもピンピンコロリと逝きたいものだと常日頃から切望する。

初めてインターネットカフェに行きました

京都で打ち上げがあり、皆で飲みに行った。
終電を管理してもらっていたので安心していたら、皆様盛り上がりすぎて、気づけば最終新快速は出た後、更に普通も大阪で終り・・・・

げっ!神戸に帰れないじゃないか!

始発まで3時間ほどなので、どうしようかと思い、初めてインターネットカフェに行った。
6時間もいて千円足らず、安いんですね。

そして午前3時に、京都で頂いた豆餅と書いた紙包みをあけたら、お饅頭が2個。
普段はあまり甘いものを食べないのだが、一口食べたら・・・・

うめえ!

塩味がして、とても美味しくて、こんな時間に饅頭、ヤバイ、と思いながらも、とうとう2個とも食べてしまった。
脳みそが疲れてる時って、本当に甘いものがほしくなるみたい。

そしてカフェで7月に受けようと思っている資格試験の本をよんで時間を過ごし、朝の5時に始発の電車に乗って帰宅。

シャワ-を浴びてそのままベッドに倒れこむこと約1時間。

若くない、フラフラになりながら仕事に行った。

そして商店街のお茶屋さんに、どうしたんですか?めちゃ眠そうですね・・・・

うっ、ばれてる・・・・

しかしフラフラになりながらも夕方からの仕事は、とてもうまくいき、解決が難しいかな・・・と思っていた事案をうまく折り合うことができ、ありがとうございます!と言って手まで握ってもらった。

PS.

頂いたお餅は出町ふたばというお店の豆餅だと分かりました。
有名なお店だそうです。
本当にお餅が柔らかくて、意に反して塩味がするのであまり甘い、と感じませんでした。
ご馳走様でした。





 

あなたを偲んで・・・・

あみ 壁紙

本日友人と話をしていて、内のにゃんこを誉めてもらったので、調子に乗ってお披露目します。

この子はもういません。 20年に17歳で星になりました。

そしてつい先日命日だったので、家中今は花だらけです。

そしてベランダでは白万重の花が命日に合せて咲いてくれました。

少しおすましをしていますが、中々、ヤンキー娘でした。

この子の兄弟がいたのですが、こちらは男の子で一回り以上体が大きいのですが、性格はいたって、おっとりしていましたが、この子は小さなくせに、本当によくガンつけておりました。

写真でも分かるように、自分が女王様だと思っていたのかもしれませんね~。

・・・・・・・

ちょっと、偲んで今日はアップしてみました・・・・・

すべては積み重ねることで、必ず頂上にたどり着くことができる

三浦雄一郎さんが80歳でエベレスト登頂に成功した。

すごいっ! すごすぎる!!

私は彼から見たら、はなたれ小僧だが、最近平地を歩くのでさへままならない。

多くの登山家が一生に一度、目指しても中々天候に恵まれなかったりして、そうそう成功するものではない。
それが、三度も成功、しかも今回は80歳で成功

文章や映像だけ見ていると、簡単に思ってしまうほどのすごさである。

運もおそろしく良いのだと思う。
正に運も実力のうち、とはこういうことを言うのだと思う。

三浦雄一郎さんといえば・・・・お父様の三浦敬三さんを思い出す。

日本のスキー界草分け的な人で101歳でお亡くなりになったが、100歳で四代に渡る家族でスキーをしていたのである。

また、山岳写真家としても有名な方でした。

そして敬三さんは、わたしの人生には『冒険』はない。すべては積み重ねることで、必ず頂上にたどり着くことができる、と仰っておられます。

これが本当の冒険家の姿なのでしょう。


更に敬三さんは神様についても以下のように語っておられます。

   わたしの人生には、スキーの神様がいました。神様は、わたしにスキーという素晴しいものを授けてくれました。そして、来る日も来る日も夢中になって雪と格闘するエネルギーと、世界中の素晴しい雪山との出会いのチャンスを与えてくれました。

わたしはそのおかげで、今も情熱っをもって大好きなスキーに取組むことができる。それは、何ものにも替えがたい、スキーの神様からの貴重な贈り物です。そのことには、大変感謝しております。

しかしながら、何かに困った時、頼み込む神はありません。仏に帰依することもない。心のよりどころを神仏に頼ることは、101年の人生の中で一度もありませんでした。多分、これからもないでしょう。

苦しみも、悲しみも自分の心の中の出来事です。苦しみや悲しみを自分の中で消化するには時間がかかることもありますが、いつかは必ず違う喜びが巡ってきます。

毎日の暮らしの中でひとつずつできること、今日達成したことを数えていくことです。わたしは、そうやって101年の歳月を生きてきました。


・・・・・・・

もう言葉も出ないくらいに感動したのを覚えています。

このような敬三さんだからこそ、きっと神様は敬三さんに味方してくださったのでしょう。

そしてこのスピリットは脈々と三浦家に伝わっていて、こんかいの雄一郎さんも果たせたのでしょう。

賞賛するにはあまりにも月並みでくさい言葉で申し訳ないですが、きっとこの三浦家に伝わる努力に神様は応援してくださるのでしょうね。

改めてもう一度、敬三さんの本を読み返してみようと思いました。

そしてもう一つ、月並みだけど、この一家の強靭な体!

健全な肉体に健全な精神が宿り、また逆も然り。

雄一郎さんはきっとピンピンコロリと大往生するに違いない、と思った。

敬三さんや雄一郎さんが特別な人間ではないのだ。

何も努力しない人こそが、彼らを特別な人間だと思う。

再度敬三さんの言葉を・・・・


すべては積み重ねることで、必ず頂上にたどり着くことができる

あなたの花が今年もきれいに咲いたよ♪と報告しました

白万重

クレマチスの白万重という花です。
しろまんえ、と読みます。しろまんじゅう、ではありません。

しろまんえ・・・・きれいな響きの名前ですが、うちでは星になった、にゃんこの名前が付いています。
この花に限らず、我が家ではバラにもにゃんこの名前が付いています。

白い子達だったので、白の花です。
そしてグリーンの入った白の花が大好きです。

そして命日の日にちゃんとあわせたように、この花は咲いてくれました。

他にもカラー、紫陽花と白にグーリンの入った花がたくさん咲いています♪

そして
星になった子達に、こんなにきれいに咲いたよ、と報告。

普段オッサンなのに、なぜかこんなときだけ乙女になってしまうようです・・・(汗)


その怒りを一度手放してください

昨日の友人のことを少し考えていた。

友人は出来すぎる才能を嫉妬されて、自分のゆく道を妨害されてしまったのだ。
更に最悪な場合は、この道を諦めないといけないかもしれない・・・・

理不尽な事に対する怒りは、確かによく分かるのだ。

何故なら昔、わたしも同じような思いもしたし、それに対して怒ったりしていた。

でも今回友人が怒れば怒るほど、なぜか私は冷静になっていた。

それは、相手がいる限りどうしようもないことなのである。

そして不思議にも鏡と同じで、相手はこちらが武器をかざせば相手も武器をふりまわす。

きりがないのだ・・・・

更に一度は勝ったとしても、長い人生の中で、また再会して、その場合に力関係が逆転してる場合もあるし、逆転していなくても、玉砕、自爆テロを仕掛けてくることもあるのだ。

悔しい、悔しい気持ちが、自分のバネになり、大きく成長することもある。

ただ、その悔しさを克服したときに、相手にそれを言いたいがために、頑張るのであるが、でも直接その悔しさを相手にぶつける事はない、と思う。

あなたの悔しさは周りの人間は知っているし、反対に相手に言うと、今度は相手が奮起して、先ほどの自爆テロを起こしてくるかも知れない。

そもそも人の妨害をしたり、陥れようと言う人間は器が小さいのである。

その小さい人間と同じ位置まで、折角奮起して上に上がったのに、また自分で落ちる必要はないと思う。

ただ、私が理解できたのは、大きな損害をともなって初めて理解できたのだ。

その後も愚かな私はまだ沸々と怒りの感情を抱き続けてきた。

でもようやく、本当に痛みが分かったうえで、相手にしないほうがいいよ、と言えるようになったのである。

だから、友人、まだ見ぬあなたで、同じような思いをしている人があれば、一度、その怒りを手放してほしい、と思う。




仕事が出来る人に凄まじいやっかみが・・・・

嫉妬、ヤキモチは怖い。

愛情関係のみならず、仕事のできる人に対しても、凄まじいやっかみが入るときがある。

今回私の友人がそんな目にあった。

職人の世界の話で、普通三年かかるところの技術の習得をその人は一年でやり遂げてしまった。

当然師匠から筋がいい、と褒められた。

それに対して先輩からものすごい妨害がはいり、先に進めなくなった。

まぁ、よくありそうな話かもしれないが、最近私の周りでは交友関係が大変良いので、あまりこの手の話を聞いたことがなかった。

嫉妬というのは一番性質が悪い。

今後どうなっていくのか分からないが、うまく展開してほしいと思う。

妨害された本人も相当カリカリ来ているようであるが、私はそんなに怒る必要もないのではないかな~と言ったら睨まれた。

だってこちらが同じようにカリカリきたら向こうは更にカリカリするでしょう?

心の狭い人は相手にしないに限る、それでいいのじゃあ、ないのかな?


残念ながら私の頭にはインテルが入っていない

残念ながら私の頭にはインテルが入っていない。

毎年スピードは遅くなるしフリーズする・・・・
バージョンアップもできない・・・


それで、少し考えた。

私の生活は段々老化で対処が遅くなっているのか、それとも普通の人から見たらオーバーワークなのか、それさへも判断出来なくなってきた。

おそらく、どっちも正解かも・・・・

仕事だけでも・・・・大きく分けて5種類

更に勉強中というか修行中というか、これもまた3本

二足のわらじどころか、これでは蛸に近い。

先日は紙袋いっぱいの書類を貰ってきたし。

更に飲み会が増えた。

これはやっぱり、ちょっと酷すぎないか、とも思うが自分が蒔いた種だから仕方ない。

本人は、もっとゆったりと時間が流れる生活をしてみたいと思っているが、はずみ車の中のハムスターのようだ。

そしたら、深夜のテレビでもっとすごい人を見た!

何でも株の優待券で生活している人らしいが、自転車で毎日かどうかわからないけど、少なくともテレビで見たときは、休日で優待券を使い切るために、ものすごいスピードで移動していた。

本当に、何歳か分からないけど、結構お年めしているように思ったが、スピードがすごい!
めっちゃ体力ありそうだった。

あまりのすごさに目が点になったが、わたしは本当はゆっくりしたい。

でも、どうも休むのは死ぬとき、位になるのでは、という予感がする。

勿論こんな生活がよいとは思ってはいない。

何かを捨てなければならないのだ。

現在整理しつつあるが、簡単にキッパリやめれないので、今が一番キツイのかもしれない。

こんなとき、あ~脳みそ、バージョンアップしたい、と思う。




分からない部分に気をつける

今日は慣れないことをしたので大変疲れました。

なにをしたのかは・・・ひ・み・つ・です。
まぁ機会があればその内にお話できるかも、です。

でもなんか話しているうちに自己完結してしまったけれど、すこしぴん!とくるものが。

私は相談員をしていますが、相談にのることが主な仕事だとおもっていましたが、実は相談者が思ってもみないこと、それを見つけてあげるのも、とても大切な仕事だと思いました。

それは精神的なこと、心の問題の時もあるし、法律的な問題であることもあります。

特に法律的な問題は知らないとあとで、とても困ることがあります。
それが分かっていれば、勿論話題にでるのでしょうが、分からないからこそ、話題にならない。

勉強していて、分からないところが分からない、と言うのと同じですね。

このあたりのことを先回りして提案して差し上げる。

ここがちゃんとできていたかな~と改めて思いました。


恋人との別れ方を伝授した

ある人に恋人との別れ方を伝授した。

そしたら、それはできない!と否定された・・・・

無理もない、そう、フツーの人はできないやろね・・・・という別れ方だ。

別に勿体ぶるつもりもなく、私が言ったのは、相手はあなたが好きなのだから、あなたが嫌いになるようにすればいい・・・

だから今のあなたと逆のことをすればいい、と言っただけ。

そしたら、できない!と 言われた。

やっぱりその人なりの美学があって、きれいに別れたい、らしい。

別れてもいい人だったな・・・と思われたいらしい。

分からなくもない。

だが、本当に別れたかったら私は実の方を取る。

でもこれは過激なので、出来ない人も多いと思う。

特にストーカー化しそうな相手には有効だと思ったのだが・・・・

長い年月かけて熟成される夫婦と凝縮された時間を生きる夫婦

バラが美しい季節なので、ついネットでもバラを検索しては、気づけば結構時間がたっている・・・・

今離婚について少し原稿を書いているのですか、私は別に離婚を勧めているわけではなく、どちらかと言うと、反対に、結婚生活を末永く維持してほしいほうです。

結婚を継続していけない原因はいろいろとありますが、その中の一つに自分にあってない人を選んでしまった場合も多いと思います。

所謂でき婚で離婚率が多いのも、宿った子供の命を優先に考え結婚してしまうので、本当に自分にあった相手なのか、考える時間的余裕がないのかもしれませんね。

今日テレビで小橋建太さんというプロレスラーが引退するニュースを見ました。

私はプロレスを見ないので存じあげなかったのですが、小橋さんは 2006年の腎臓ガンの手術をなさり、見事復帰。しかし昨年、頚椎の手術で左腰骨を削って移植した後に骨盤が割れてしまという大怪我に見回れ主治医は最終的にドクターストップを告げたて引退されたそうです。

そしてそれを支えているのが、演歌歌手の奥様で、長年のお付き合いの中で、小橋さんの病気が分かり、その時に奥様は逆プロポーズをされたとお話しておられました。

しかし、小橋さんの答えはノー。
そして手術が無事に終わったときに反対に今度は小橋さんがプロポーズ。

・・・・・・・・・・・・・・・

本当に素敵なお話です。

みんな感動するけれど、自分の立場になって同じ事ができるか。

出来ない人も大勢いると思います。

でもそれでいいと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・

小橋さん夫婦はすごく時間を意識して生活されている、と思います。

その凝縮された中でお互いの必要性や支えあう気持ちは普通の夫婦よりもつよいと思います。

つい結婚生活が長いと、その中で、喧嘩や倦怠があったりしますが、多分この人たちはそんな暇がないのでしょう。

時間をかけてゆっくりと熟成されるような夫婦もあれば、反対にぐっと凝縮された時間を生きる夫婦もあるんだと思いました。





トラウマ

現在おそろしくページの進まない本を読んでいる。

途中で何度も何度もはきそうになる。
そう、私にはトラウマがあり、そのトラウマに関する本を読んでいるので、どうも進まない。

それでも仕事に関する本でもあるので最後まで読まなければならない。

かなり辛いものがあるが、いつか克服できるといいな・・・と思っているけれど・・・

プリミティブなものは感情

いや~今日もまた新しい発見が。

何年かぶりに10代からの付き合いのある友人と待ち合わせてごはんを食べた。

先日は前の会社の同僚に会って、福祉から一番遠いところにいるような感じの人が彼独自の方法で携わっていておどろいたものだが、今日会った友人も介護関係の仕事をしているのは知っていたが、久しぶりに話した彼の口から出るのは、認知症の老人に対する熱い思いが・・・・・

ホント、この人も変わったわ・・・・

私も介護から一番遠いところにいたのに、介護のプロから、向いてるんじゃないの?と言われてびっくり!

いやいや、全然自分に向いているとは思わない。
でも人の痛みは分かるよ。

私はあるところで自立支援のボランティアをしているが、そこで感じたこと、また認知症の人を通じて感じたことは、一般の人よりも、人間の一番プリミティブな部分、感情は敏感なのではないかと思う、と言ったら彼もそうだよ、と教えてくれた。

私はその感情を大切にしたいと思った。

だから、怒りや恐れの感情は出来るだけ排除し、嬉しい、楽しい気分を大切にしてもらいたい、と言ったら、意外やけど、向いてるわ、とほめられた?のだ。

中々うまく表現できないが、彼らから教わることは多い。
コミュニケーションの仕方も余計なものをそぎ落とした方法、そして安心できる方法などを教わった。


何も考えずにとりあえず寝ます

最近花盛りのベランダに出るのが楽しい。

でも朝五時まで起きていたのでさすがに眠い。

この生活のリズムは私のようなババアには酷過ぎる。
まるではずみ車の中にいるハムスターのようにずっと動いていけど・・・・・

あかんわ~、今日はもう休みます。

ちょっと壊れてきてるかも・・・・


クローンが五人ほどほしい、頭フラフラの中での妄想

なんかPMだとか黄砂だとか、とんでません?

のどがイガイガするし、左目が痒い。
私だけかと思ったら、他の人もマスクして目の周りが赤く炎症してる人、やっぱりのどが痛いと咳してる人・・・


しなければいけないこと、

優先順位を決めているはずだが、どうしてもずれこんでしまう。

電話がかかったり、新人さんが入ってきて、説明する羽目になり、予定より三時間も遅れるし。
急にお客様がくるし・・・

人のせいにしてはいけない、ちゃんと前もってすべきだ、とは分かっているが、とにかく時間がない。

昨日もあまり寝てないぞ。

ああああああ・・・

私のクローンが五人ほどほしい!

あ、でも、もっと優秀なのがほしい

パソコンがサクサクうてて、計算が速くできて、原稿がスラスラ書けて、どんな罵声にも動じないクローンて・・

クローンじゃないわ。

マトリックスのエージェントスミスのような?
あるいは千手観音のように作業できる色々な手やツールがほしい。

今度は黄色のバラが咲きました♪

130508_094513_convert_20130508102210.jpg

おほほほほ~♪

狭い我が家は今バラ屋敷♪
先日の黒バラ、パパメイアンに続き、黄色のバラが咲きました。
その他にもピンク系のミニバラも次々と開花中。

この黄色のバラはプレゼントに頂いたもので、名前は分かりません。
なんかゴールデン・・・が付いていたような気がするが。

香りもあります。
割と爽やかな香りでしょうか。

ババメイアンは、もう、濃厚な香水の香りです。
ジャンパトゥのジョイに、似てるかな?

多分自分では黄色のバラは選ばないと思いますが、でも鮮やかで春を感じさせる色で好きです。

自分では、あまり原色ではない、どちらかというと中間色の色を選んでしまいます。

でもやっぱりバラが一番好きです♪

あ、いや~桜も捨てがたいな・・・・
沈丁花も好きだ

とにかく、花があればいい。

見てるだけで結構幸せな気分に。

ここだけ、結構乙女チックになり、(普段はオッサンなのですが)イングリッシュガーデンで午後の紅茶など味わってみたいわ・・・・と妄想が。

今日は・・・・うふふふっ♪

久しぶりに先生にあった。

会いたいと思いながら、忙しい先生で中々アポが取れない。

それでお目にかかるのは半年振りかな?

ちは~♪と玄関あけても、怪訝な顔して、はい? と反対に言われた。

二時半にお約束してました~、と言ったらやっと気がついたらしい。

あ~!どうしたん、めちゃ変わっているから誰か分からなかったわ~、と言われた。

確かに、髪はカットした。
でも半年前より、ずっと若くみえると言われた。

そうでしょう~、オーラ全開、でまくりでしょう♪

ほんま、ほんま・・・・

いや~実のところ、自分でもそう思っていたのだ。
前に性格変わった、と書いたし、あまりにも悲惨な勉強生活でボロボロになっていた。

先生にはその時の私の印象しかなかったのだろう。

なんや、彼氏でもできたのかと思ったわ!

か、 彼氏・・・・

そこまで余裕はないやけど・・・・

やっぱり色気がなくて(まぁ色気のある話もでん年ですが)仕事の話をしていると、とんでもない話に発展してびっくり!

正に私が思い描いている構想に必要な場所、必要な人物がこんな身近にいたのにおどろき。

いや~、モチベーションあがます♪

金の臭いに群がる人々・・・・携帯を捨てた

五月というのに寒くないですか?

薄着になっている分、寒さが身にしみて、思わずひざ掛けだしてきました。

それと・・・・今日は夕方から電話がならない、メールしても誰からも返事が返ってこない・・・・

皆さん、お休みを満喫されているのでしょうか?
なんとなく、淋しい・・・・(笑)



今日テレビで華原朋美さんを見た。
色々とトラブルのあった人だが再起をかけて歌う前に司会者と話していて、芸能界から遠ざかっていたときの様子を話されていた。

印象としては、随分と良くなられていると思う。
客観的に自分のことが話せているから。

そして印象的だったのは、当時の携帯電話を捨てた、と話していた。

これは正解だと思う。
自分でも依存症だと言っていたし、小室さんにしても、当時すごい人気ぶりで、本当に回りは取り巻きでいっぱいだったと思う。

そしてそういうときは、お金を持っているときは、良からぬ人たちがお金の臭いを嗅ぎ付けて集まってくるものだ。
ここで、ちゃんとした冷静な判断ができなくなると、食い物にされ、自分を見失う。

彼女も当時の環境が悪かったことを理解し、決別の意味で携帯を捨てたのだと思う。

環境が人をよくも悪くもする例だし、付き合う人は無自分の鏡であることに気づき、断捨離をされたのだと思う。

更に印象的なのは、まだ怖い、と語られていた。

素直な感想だと思う。
依存症の場合は疲労やストレスがたまるとフラッシュバックすることがある。

そんな時にどうするのかと聞かれて、強く戒める、みたいなことを言っていた。
すると司会者は、そんなに強く思わなくても、緩めてもいいのでは・・・・みたいなことを言っていた。

確かに司会者の言うとおり、あまりストレスを溜めるとフラッシュバックするので、自分を追い詰めない方がいいと思う。

しかし、断酒会が一滴の酒も飲まないように誓うのと同じように、ゆるい気持ちにすると、戻ることも彼女は知っているのだとも思った。

とても難しい。
ストレスを溜めないようにするのがベストなんだろうが、ストレスのたまらない社会なんて、殆ど存在しない。

やはり大会系の禁欲努力より、イメージが大切かな・・・・と思った。

パパメイアンの一番花がさきました♪

130502_235619_convert_20130503005717.jpg


私の一番好きなバラ、パパメイアンの一番花が咲きました!

大輪の深紅、と言うより黒バラでしょうか。
殿堂入りしているバラでとても香りが強く、たった一輪で部屋中にバラの香りが匂い立ちます。

これを棺おけにいれてほしいのですがね・・・・

しかし、傷だらけになること間違いなし。
それでもこの香りに包まれるなら、天国に昇れそう・・・

え~甘美な生活と程遠く、世間でゴールデンウィークでも、ずっと忙しい毎日です。
いま、ベランダの草花の成長も著しいですが、山里に近い和歌山のお家で竹の子を見つけたのですが、竹の子の成長振りはホントにすごい!

先週の日曜日に見た竹の子は、木の芽和えしたら美味しいね、と話していて、水曜日に再び行ったら、本当に筍じゃなくて、竹の子、になっていた!
う~ん、 チビの私には羨ましすぎる。

ゴールデンウィークに読みたい本を・・・殆どが仕事の本であるが、読みたいと思い、しこたま仕入れてきた。
なのに、一番薄い本を一冊読めただけ。

説明の下手な人と上手な人

今日は忙しかった。

昨晩の寝不足がたたってか、財布を忘れて法務局に行き、結局三回も行った。
さらに警察も本部と所轄に一回ずつ足を運んだ。

当然多くの公務員さんにあった。
別に公務員さんが特別と言うのではなく、どんな会社にも言えることだが本当に色々なタイプの人がいるな~と改めて思った。

今日の私は質問攻めだったのだが、滅茶苦茶愛想の悪い人、不親切な人、とても分かりやすく説明してくれる人。

多分専門性が強いので、その人にとっては当然のことかもしれないが、私にとっては当然でないこともあり、また反対に、私の説明を分かってくれるかな~と不安で、言いたい事の意味分かります?と聞いたら、わかりますよ~と言って、本当はこの人多分あんまり分かってないわ・・・と私のレベルまで下りてきてくれる人。

やっぱり分からないときに理解しやすいように説明してくれる人には安心感がある。

改めて、私が説明するときも、この気持ちを忘れてはいけないな~と思った。

富士山、耳鳴り、地震?

富士山が世界遺産に登録される見込みが強くなった、とニュースで見た。

遠くから見ると本当に美しい山、

でも・・・・大丈夫だろうか?
まさか爆発して形が変わるなんてことは・・・・

まんざらなくもない、いや、ありそうな話だと個人的には思っている。

富士山周辺ではかなり異常現象が起こっていると聞く。

そして、個人的になんかある、富士山か地震が分からないがあると思うのは、耳鳴りがするから。

耳鳴りと地震の因果関係については科学的知識を持たないので、不明だが、あるとき、誰かのブログで耳鳴りがすると地震が起きる、というのを見てから意識すると、どうやら私の場合も同じく地震があることが多い。

音源を探ろうと耳を済ませて動き回るのだが、よく分からない。

更年期かストレスによる耳鳴りかと思っていたが、そのブログを見てから意識するようになった。

富士山、今のままの形でいてほしい。

誰かと繋がっていたい

今は夜中の三時です。

時々深夜の二時ごろに電話がかかることもあるけれど、今日は私が誰かに電話かけたい気分。

すごく忙しく年のせいか、ストレスのせいか、段取りが悪くなってきているのと、探し物が見つからない・・・・

それでもとても大事なものなので、今日はもうダメ、とあきらめてベッドに行くと、また、むくむくと不安がよぎりまた探しだす。
先ほどから何回同じ事を繰り返しているのだろう。

別に大邸宅に住んでるわけではないのに、見つからない。

そうなると事務所があるので、事務所においてきたかも・・・・・
いや落としたかもしれない・・・・

だんだん良からぬ妄想が・・・・・

プロフィール

まおあみ

Author:まおあみ
裁判所に行く機会が多い。
不動産会社に勤めていたが、さまざまなトラブルを見るにつけ、法律という鎧は必要であるが、反対に武器を振り回されてバッサリ切り捨てられた人の心のケアや対人関係の難しさに息苦しくなっている人のサポートをしたいと、考えるようになってきました。

最新記事
これで安心!楽しく生きる為の終活・遺言・相続相談室
いきいき終活ライフ
いきいき終活ライフ
翠の風の相談室(改訂版)
大丈夫! 一緒に考えましょう
任意後見公正証書の作成支援
翠の風 ブログランキング

FC2Blog Ranking

お友達のサイト 金魚伝心伝承
金魚伝心伝承
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。