FC2ブログ
スポンサードリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

修理した携帯電話が戻ってきました

修理に出した携帯が戻ってきました。

外装もポイントで新しく出来ると言われたので、お願いして、見た目は新品みたい。

でも・・・・なんか微妙にちがうのよね。
時計の表示が前の場所より上の位置に・・・・

細かい事を言うな、と言われるかも知れないが、絵を描く人間にはそのバランスの悪さがなんとなく居心地が悪い。
直して、とショップのお姉さんに言ってもこのままです。

だって修理に出す前、ちがったよ~、と言っても、私が確認したわけではないので分かりません、と言われた・・・

ちょっと、むかっときたんだけどね・・・

オトナになって、それ以上は言わなかった。
でも、サービス業なんだから。もう少し言い方あるんじゃないの?
とは思った。

今日は仕事で、これと似たような状況に遭遇。

相手は携帯ショップで知識がないために苦戦していた私のように法律用語が分からなくて、戸惑っているのがよくわかるのだが、説明している人はおかまいなしに、淡々と進めていく。
多分分からないところが分からない、感じだったのでは・・・・

こんなときに、バッサリ切り捨てないで、もう少し易しく説明してあげたらいいのに、と思った。

でも、これがかなり難しい。

どこをどう理解できないのか・・・・

多分色々な専門分野で同じことがいっぱいあるんだろうな・・・と思った。
スポンサーサイト

安心お守り

先日携帯を修理に出した話をした。

メーカーが同じなので基本的な操作はあまり変わらないが、機種がちがうのでディスプレイも文字も小さい。
なんか微妙な違いが携帯に依存しているので不安。

そして一番の不安は・・・・

待ち受け画面が、ロータス=蓮なので、癒し系で気に入っていたのだが・・・・
でも翠色でなんだか輪郭がぼや~としている。

それが何となく不安なのである。
おまけに電話帳をバックアップしてもメルアドを変更した友人のアドレス変更を怠っていて受信したメールをそのまま返していたので、メールを送ったら、すぐに、あのメーラディモーン?と言うの?
即刻メールエラーが返ってきた。

携帯音も違うので、しばらく自分の携帯がなったとは分からずに、ぼ~としている。

ううう・・・不便だ

そして、ようやく気がついた。

そうだ、待ち受け画面を内のにゃんこの写真にかえよう!

携帯は違うけど、これでなんとなく落ち着いた。
何でもっと早くに気づかなかったのだろう。

不安になったときは、好きな写真を眺める手もあるな・・・・と気がついた。

その公正証書、変じゃない?

協議離婚をする場合でも公正証書は交わしておいたほうがいい。

人の心は変わりやすい。

新しい家庭をもって、子供が出来たりしたら、昔より今が大事になってしまう。
また思いやりを持っていたとしても経済的事情が変化することもある。

とにかく離婚したい!
と思って何もしないで別れてしまう人もいるが、お子さんがいる場合や住宅ローンなどを抱えている場合はやはり公正証書を作成しておいたほうがいいと思う。

公正証書があれば万が一の時は強制執行が容易にできる。

でも先日折角公正証書を作ったのに、なんか、その公正証書、変だよというのにお目にかかった。

変でも致し方ない、というときも実際にはある。
でもそれなら反対に公正証書にしなくてもよかったのではないか、とさへ思う。

それでは、自分で自分の首を絞めているような結果になるのだが・・・・

携帯がオカルトになり、愛のメールがとんだ!

少し前から、友人から携帯の着信音が時々変よ!と指摘されていた。

なんでも、おそろしく不気味な音らしい。
あまりにも趣味が悪いので指摘したほうがいいと思って、と言われたが、ものぐさな私は勿論そんなことはしない。

聞いてみ・・・と言われて私が目の前で携帯を鳴らすと・・・フツー

あれ?おかしいな・・・と友人

でも別れてから、やっぱり変だよ!

と、言われてもね~

まるでオカルトのような話であったが、それは壊れる前兆だったのか、本日私が出したメールがエラーで相手に届かない。
これもオカルトチックで、届く相手と届かない相手がある。

携帯がないと生きていけないので、原因が分からないとショップで言われたので修理に出すことに。

なぜかしら不安。

電話帳は命、普通の人が見たら、何の仕事してるんや~という怪しい電話帳・・・・
怪しいというよりは、本当はすごい機関の電話が多い・・・

それと星になったうちの大事な大事なにゃんこの写真は絶対に失くすわけにはいかない。

それでデータ全部移し変えます、と言われて安心。

代替品もらって・・・あれ、あれれ?

メールは?

メールがないっ!!!!

ショップのお姉さん曰く、メールは移せません、と当然のように言われた・・・・

思わず、お姉さんの首を絞めそうになった。

私の、試験に合格した日のメールがぁ~

にゃんこが星になったとき、励ましてくれた友人のメールがぁ~

身も心もボロボロの時にくれた愛のメールがぁ~

すべて、き、え、た!!

確かに重要事項の説明書みたいなものを出されて、私は読んだ
しかし、メールがなくなるとは思わなかった。

普通の人には常識だったのかも知れないが、わたしは多くの愛を消してしまった。

くそ~、ちゃんとメールも消えます、と説明しろ(怒)

ようやく落ち着いたものの、やはり悲しい。
多くの人の励ましや温かさが詰まったメールを消してしまった。

でも・・・・私も不動産会社にいた時に重要事項の説明書を事務的に読んでいたが、不動産の売買に愛は詰まっていないかもしれないが、普通の人はあまり頻繁に不動産の売買なんて一生にそんなにする機会はないだろう。

すると当然分かったようでいて、後でそんなの知らなかった!みたいな話になるのかな・・・とちょっと怖くなった。

オッサンとの第二ラウンド  ホームドラマみたい

前回手ごわいオッサンの話をした。

実は私はオッサンの話も理解できるのである。
何故なら昔、私はオッサンと同じ考え方をしていたから。

最悪の事を考えれば、それ以上の悪い事は起こらない、という考え方である。

当時の私はかなり悲観的な奴で用心深く石橋を叩いても渡らない奴だった。
そう、叩きすぎてぶっ壊してしまうタイプ、動けない。

それがいつか、本を読み、多くの人に接している内に、潜在意識を意識するようになった。

そしてどちらかというと、最悪を考えるのではなく、最高を考えるようになった。
限界をかんじるのではなく、可能性を考えるようにシフトして行った。

それが果たして効果的なのかどうかは、よく分からない。

しかし自分にとって、そう考えるほうが楽しいし、居心地が良かったので、そうしただけである。

これもやはり性格から来ているのではないかと思う。

例のオッサンは、実の所、大変真面目なんだと思う。
だから、出来ないことを出来ないと正確に判断し、出来もしない事を簡単に出来るという人間は信用ならん。
浮ついた考えは人間を成長させないと思っているのだと思う。

ほらほら、ちょっと堅物親父との言い争いのドラマのような展開になってきたでしょう。

オッサンはきっと、そう考える方が居心地が良いのだと思う。
出来もしないことを出来ると考えると不安で眠れないのだと思う、一方私は出来もしないことを認めると絶望で眠れなくなる。

だからこれはどちらでもよいと思う、自分が都合の良い、居心地の良い方を選択すればよい、と思う。

問題はそこからで、自分はそれで良いけれど、相手がそう思っていない場合、相手にあわせてあげる忍耐が必要になってくる。

この場合は、相手を説得しようと思っても、まぁ、無駄である。
だから自分の価値感はさておき、そうだね、そうだったね、で切り抜けることをお勧めする。

それが分かっていても、つい、私も相手に理解してもらおうと説得するときがある。
相手が理解しないから、余計に角度をかえて、説明すると・・・・

最後にはしつこい、くどい!で終わってしまう・・・・

あ~、またやっちゃった・・・・チャンチャンである・・・・・

あ~、それから、もう一つ。
いくら前向きでも、気持ちだけ前向きで、一向に実行に移さない人は、オッサンに指摘されたように、ただのビッグマウス、獏女(男)になってしまうので・・・



前向き女VSチョ-現実男、能書きは出来てから言え

私は相談員をしているので、ある程度人の性格や相性の良し悪しは分かる。

しかしその私にも苦手のオッサンがいる。

私は人を励まし勇気付けるのが日常だから、前向き女。
使う言葉は否定形は使わない、夢や目標を割と口にする・・・・

ところが私の前に立ちはだかったチョー現実男は手ごわかった。

私がいつもの様に夢や目標を話していると、チョー現実男は、いきなり・・・能書きは出来てから言ってくれる?

え、え、え~??
このオッサンは何を言ってるんだ?

カチン、と来て、あのね~、今まだ始まってないのだから、実現しようがないでしょ! だから今目標を語っているのでしょう~が!

じゃあ、そんなできるかどうかも分からない事を生意気な口きくな・・・・


・・・・・・・・

大体、このオッサンは・・・・

私が一番最初に会ったときに、夢はなんですか~、とにっこり笑って聞いたら

夢? 夢はない、結婚して子供も作ったし、仕事はした、後は死ぬだけだ、と言った

ま、マジか~!!

夢はない、後は死ぬだけた、と返されたのは生まれて初めてだった。

したいことはあるだろう・・・・趣味は?

聞いたけど無駄だった。

私は怯んだ

私にとっては、獏女と言われようが、夢や希望、目標は人を生かしているものだと思っていた。
だからこの言葉を聴いた時は本当に衝撃だった。

オッサンには内緒でいつか、オッサンが夢を語るようにしてやろう!と思っていた。

オッサンは所謂昔の人なので、前向き思考というのが、どうやらないようで、調子いいこという奴は軽薄で信用できないようである。
そういうことはちゃんと、実現してから胸を張って言え! と言う。

そりゃオッサンの言う事も理解できないことはないが、できるように目標定めて努力するんじゃないか~と言ってみても無駄、
どうしても理解してもらえなかった。

多分こういうのを相性悪い、と言うのだと思う・・・・

しかしオッサンとは相性が悪くても、じゃあ、もうあんたとは付き合えんわ、とは言えないのである。
それは信頼できる人物だし、口は悪いが本当は心配してくれているのが分かるし、有能な仕事の協力者である。

私はオッサンに、そんな砂漠みたいなこと言わないで、熱く夢を語らせてやろう、と、こっそり思っているし、オッサンも私に、もっと謙虚に事実を見つめて生きることを教えてやろう、と、こっそり思っているはずだ。

敵は中々手ごわい・・・・・




あんな人とは思わなかった・・人は豹変する

久しぶりに会った友人と話していて、第三者、○子の話がでた。

すると・・・あんな子だと思わなかったわ! とかなり○子に対して怒っている様子。

聞くと、親しい間柄で○子の子供がふざけて花瓶を壊したらしい。

普通に、あら、ごめんなさい! 大変なことを・・・・

いいのよ、大丈夫よ

でも代わりのものをお持ちしますね・・・・

そう? じゃあお願いね・・・・

と、こんな会話だったのらしいのだが、

実はかなり値のはる作家ものの花瓶だったらしい。

段々やり取りしている内に壊した方に逆切れされて、冒頭のあんな子だとは思わなかったという話。

・・・・・

私が思うに人はお金がなくなったときとか、追い詰められた時に豹変する
今まで良い人だった人が、良い人でなくなったりする。

で、被害を被っている方が、なんで? と思ってしまうこともしばしば
被害者はうちやん! とこちらも段々腹が立ってくる。

多くの人と接していると、結構この瞬間に立ち会うことも多い。

本性でたな! この人とは縁を切ってしまったほうが良い場合もあるし、お互いのストレスからの行き違いの場合もあるので、これで友人を失うのはかなり淋しい気がする。

でも・・・人は豹変することがある、というのは覚えていたほうがいいと思うよ。

やる気スイッチ

ここ数日、実はもやもやしていた。

ずっと迷っていることがあったから・・・・

相談員でも、自分の分からないことや不安なことは勿論他の人に聞く。

ある業界の、普通の人はあまり知らない部分の調査に関して。

あまり詳しくは書けないので、めちゃくちゃ抽象度が高くて申し訳ないけれど、要は敵(ターゲット)を知らないでゴーを出すべきか、撤退すべきかという迷いで、頭も心ももやもやしていた。

相談した人の殆どは、否定的、そんなの、無理、無理、無理


そうだよね・・・・やっぱり無理か・・・・


諦めかけていた時に最後の相談者に連絡

この人は本当に人生の修羅場を経験して生き延びてきた、誰が言っても同じの模範解答は出さない人

説明すると私が悩み、こだわっていた部分は幹ではなく枝、見たいな指摘をしてくれた・・・・



な、なんとなく、やる気がでてきた

塾のCMでやる気スイッチと言うのが少年の背中についていたのを見たことがあるが・・・
まさにそれ。

私の好きな言葉は「動けば変わる」だったのに、ヘッドライトに照らされて動けなくなった猫のように立ちすくんでいた自分を発見。

ただ、イケイケで背中を押してくれたわけではない。
論理的でもあった。

生き残れたのは、普通の人が諦めたことを諦めない精神力と、いけるという論理的な分析があったからこそだろう。
誰もが無理、諦めかけた事を時には無理を承知で当たってみる。
それは後世に残る技術者や実業家だけの話ではない。


最近の私は他のアドバイスをくれた人と同様、自分のことになると臆病になっていたかもしれない、と反省。

そして、久しぶりに腹をくくって、冷静かつ情熱的に取り掛かろうと思った。
動かなければ何も変わらないから。

それにしても・・・やっぱり修羅場を潜り抜けた人の指摘はすごいわ!

私もこうありたい、と思った。



真央ちゃん、やった!

スケートを見ていた。

フィギュアスケートを見るのは結構好き。

ハンサムな人が多いし美人が多い。
でもこの衣装いけてないわ~とか、この衣装かわいい、とか思いながら。

高橋大輔は日本人が苦手な表現力がすごく豊かで、う~んSEXY

それと同じ印象がキムヨナにあったけど・・・

ずっとキムヨナと戦い続けた浅田真央
いや、本当は自分自身との戦いだったのだろうと思う。

大きな、長いスランプが続き、私生活でも大きな支えを失い、ものすごく辛い時期が続いていたにちがいない。
彼女の場合は少女から大人への体型というか、バランスが変化していたのかもしれない、と勝手に推測

それが今日、長い間封印していたトリプルアクセルを成功させた。

やった~! 本当におめでとう!

私は少し職人みたいな仕事をしているときもあるし、趣味で日本画を描いたりする。

日本画は、特に私が描く日本画は、線が命。
真剣と同じである。
少しでも緊張が途切れると線がぶあ~と太くなったり、墨がぽたっと落ちたりする。
それで全てがぱぁ・・・になる。

本来大雑把な性格なので,何度も削れる油絵の方が向いている気もするのだが、この緊張感が好きである。

日本の文化て・・・お茶もお花もそうだけど似た感覚があると思います。

あ、また脱線してしまいました・・・


アスリートも職人もスランプになる時があります。
今まで出来ていたことが少しずつずれだす・・・・

そして出来なくなると呪いのように囚われてしまう。
思い出さなくても良いのに失敗を思い出してしまう。
恐怖が集中力を奪ってしまう。

だから技術的にはできているのに精神的なものが阻んでいる場合もあると思う。

でも彼女は今日それを突破したように思う。

本当に笑顔が素敵だったし、会場の応援が温かかった。



調停前置主義て・・・

離婚など、家裁に行く事件(事件?と思われるかも知れないけれど、事件と呼びます)は裁判をする前に調停を経なければなりません。
これを調停前置主義と言います。

離婚以外にも人事訴訟事件、子供の認知、など夫婦や親子関係等の訴訟をいいますが、調停前置になっています。

裁判は公開されますが調停は非公開です。
家庭の中のことはまず、公開の訴にする前に、調停で、もう一度話し合いなさいという配慮のようです。
裁判を起こしたいと思っても、まずは調停をしなければなりません。

このように離婚を考える人は事前によくお調べになって、調停というものをご存知の方も多いと思いますが、実は民事の方でも調停前置と言うものがあります。

借地借家法に関する借賃の増減請求については,協議が整わない場合にすぐに訴訟を提起することはできません。まずは調停を申し立てることになっています。
これも調停前置主義です。

大家さんに家賃、高いよ、周りは家賃安くなっているのに・・・
家賃を下げてくれ、といって大家さんが応じてくれない場合、いきなり家賃下げろ、と裁判できません。

そもそも民事で調停があること自体ご存知でない方も結構います。

また調停についてお話する機会もあるとおもいますが、今日は裁判する前に調停しないとダメというお話でした。

あ、調停前置主義でも例外はありますよ、調停することが明らかに無駄である場合、例えば相手の生死や行方が不明である場合や心神喪失状態、個別的な状況として,話し合いが進まないことが明らかな場合などです。

シベリア猫て・・・サイベリアン!

え~、ブログの表紙がにゃんこで分かる様に、かなりのにゃんこ好きです。

今はいませんが、小さな頃にしろねこさんとくろねこさんの兄弟ねこが。
その後家出してしまったチンチラゴールデン
そして一番キツイ時に一緒にいてくれたチンチラシルバ-の兄弟が、男の子と女の子ですけど。

プロフィ-ルの画像は彼らの小さい時の写真です。

秋田県知事がプ-チン大統領から、シベリア猫を贈呈されたとのニュ-スに興味津々。

シベリア猫って・・・・サイベリアンのことだと思うけど。

日本には中々入ってこない、珍しい猫?
日本ではブリ-ダ-さんが殆どいないらしい。

寒いところの猫なんで毛がすごい、もふもふです。
チンチラの毛をもっとゴージャスにした感じ?

でも知事は猫さんを七匹も飼っているそうで、ねこの習性をよくご存知そうなので、一安心した。

とは言っても大人の先住猫がいっぱいいたら、ものすごく大変だと思うけど。

うちの子達は一年後にもう一人の兄弟と再会する機会があった。
人間たちは、久しぶり~、元気~?とはしゃいでいたのだが、もう猫たちは戦闘態勢に。

一緒に生まれたんだよ、なんて人の話を全く聞かず、全身の毛を逆立てて、化け猫みたいな顔で三匹が威嚇しあっている・・・・

これ、結構怖いです・・・・

知事さんも多分大変だろうな~。



県に贈呈されたのではなく、個人に贈呈されたとの見解を示して公開は猫の習性上難しく、写真や動画でお知らせしたいとコメントしていた。

・・・・・・

いいな、いいな~
サイベリアン飼いたい
昔サイベリアンが飼えるか真剣に調べたことがある。

でも私的には知事が猫好きでよかった、と思っている。

猫はプライドが高い。
客寄せパンダの様な飼われかたをしたら可哀相。

でも、でも、やっぱり見たい!

それって証拠なの

今日は、ちょっと裁判をしたことがない人に対してのアドバイス?になるかな・・・・?

訴えてやる~!と思うこともあるかと思いますが、その件で弁護士さんに相談に行くとします。

まず請求の趣旨と原因を聞かれると思いますが、例えば相手が私の大切なバイオリンを壊した、損害賠償してくれ、というのであれば損害賠償が請求の趣旨、原因があなたのバイオリンを壊した・・・というところでしょうか。

相手が、私が壊しました、と認めてくれれば問題はないのですが、相手が否定した場合、元々壊れていましたよ、などと主張してきた場合、相手が壊したことを立証しなければなりません。

めちゃくちゃ事件を単純化していますが、ここで証拠があるから大丈夫!と思っているときに、本当に、それって証拠ですか?というお話です。

普通の人が自分の信念に従って証拠だと思っているものも、辣腕の弁護士さんにかかると証拠能力がなくなることがあります。
と、言うより、それはあなたは証拠だと思いたいけど、客観性欠いているよね・・・みたいなものもあります。

ここで急に裁判に対するハ-ドルが高くなったりします。

ですから、弁護士さんに相談するときは、出来るだけ自分で証拠があると決めつけないで、事実をありのままお話することをお勧めします。
そして、これは証拠になりえますかね、と聞くのがいいと思います。

希望、自信は人を変える

ディスレクシアのニュ-スをテレビでやっていた。
ディスレクシアは、学習障害の一種で、失読症、難読症、識字障害、読字障害とも言われる。

ディスレクシアである男性が自分がディスレクシアであるとカミングアウトしていた。
普通の人が日常何気なくしていることが本当に大変なのである。
たとえば、仕事で大事なメモが取れないなど深刻な問題が生じる。
人前で字を書くのが嫌だと、手を怪我をして書けない、などとごまかしていたそうである。

それがいかに大変で、自分自身を苦しめ、更に周りから理解されないことに苦しんでいた。

ところが、タブレット端末により、音声が文字になり、彼の生活が劇的に向上した、とニュ-スで伝えていた。

私が驚いたのは、情けなさで涙していた彼が、とても明るくなっていた。
本当に表情が全く一変していた。

そして仕事が向上しただけでなく、なんと自分の経験を伝える講演まで行うようになっていた。
ここまで自分に自信ができ、また同じ様な人に対する勇気づけ、世間の理解を得る為に動き出したのである。

本当に希望や自信は、人を変えるものなんだな~と思った。

またホ-ムペ-ジを飛ばしてしまった!

またホ-ムペ-ジを飛ばしてしまった!

もう、いや~! (泣)

やっとインデックスが゜回復したがリンクが変
また時間がたてば直るのか?

文字化けもしているし・・・
これは解決できた。

結構何時間も費やしている。
本当にサクサクと触れる人が羨ましい・・・・

お隣さんの大気汚染

ニュ-スを見ていてびっくり!

前も一度見た事があるのですが、北京の町が霧がかかったように白く視界が酷く悪くなっていた。

暖房で石炭を使っているのが原因と報じられていたが・・・・
それって今に始まった事ではないのではないか。
それなのにここ数年でこんなに酷い大気汚染になるのは、どう考えても車の排ガスや工場などの有害物質が排出されているのではないのか。

私のような素人でも容易に察しがつく。

日本も60年代には高度成長で公害が問題になった。
多分今の中国はその頃の日本と似たような過程を辿っているな気がする。 

それが日本にも飛んできて、樹氷に絡みつき、春には溶けて川に流れ、今度は川を汚染する。
めちゃくちゃ怖い話である。

私はちょっとアレルギ-を持っているので、この手の話には結構敏感かも知れない。

きっと何年か先には、中国では大勢の人がアレルギ-や重篤な病気になり、大問題になるかもしれない。
未だに言論の自由が統制されている国なので、今は抑えられるかも知れないが、後には環境問題、労働問題などが火を噴きそうである。

内から揺らぐことがあるかも、と思いつつ、日本が内から揺らぐとしたら少子高齢化の問題かも知れない。

まず捨てる

ちょっと生活の中で一区切りすることがありまして、整理しようと思いながら中々捗りません。

最近の人は、わたしを含めて多動症気味です。

スマホ、パソコン、ゲ-ムにテレビ。

中々集中できなくて、メ-ルしたり、パソコン見ていると次から次へと情報があふれては流れていくので、あれ?私、何してたんだっけ?

集中力がなくなっているような気がします。

道を歩いていても結構怖いです。
私は自転車によく乗るのですが、多くの人は携帯触りながら歩いていたり、ヘッドホンをつけて歩いていたりして、急に方向転換などします。

この間は車に轢かれそうになりました。
やはり携帯で話しながらバックしてきたのです。

いくら、わたしがチビだとしても、見えるだろう(怒)

最近は自転車の事故も多くて、損害賠償されたらすごい金額になることがあります。
思わず紛争解決に当たっていた同僚が、息子たちに、保険に入っているか確かめたそうです。

あ、整理の話をしていたのに、やっばり、また話がどんどん流れていきました。

まず、捨てる
捨てないと新しい物が入ってきません。
脳みその中も同じようなものでしょうね。


今日は節分 何年生きてると思っているの

今日は節分

節分とは、各季節の始まりの日(立春・立夏・立秋・立冬)の前日のこと
明日から新しい季節が始まるのですね。

節分といえば恵方巻

巻き寿司を丸かじりしながら、恵方巻きもバレンタィンデ-も母の日も、みんな業界あげてのキャンペ-ン
最初に思いつき、これだけ定着するのはすごいな・・・と思いつつ、南南東に向かって黙って巻き寿司を丸かじりしながら・・・・だ、誰か来ないよな・・・お客様と約束している時間からまだ30分もあるし。

でも意外と、早く着きました~なんて、こられるかも・・て

私って、結構予感あたるのよね・・・・

とか思っていたら、本当に丸かじりしている最中に、ごめんくださ~い、早く着いちゃいました・・・・

うわわわ・・・予感が当たってしまった!

丸かじりしている最中にしゃべってしまった!

・・・・しゃべってしまうとどうなるのでしょう?

ご存知の方は教えてください。

それと・・・お寿司に豆が着いていたのですが・・・・

ふん、こんな小さな袋に入った豆なんて、全然足らないわ!

一体何年生きていると思っているの

しかし、年の数だけ食べるのは段々年取ると、無理ではないか・・・・

午前二時の電話

最近かなり夜更かしをしている。

本を読んだりパソコンを見ていることが多いのであるが、午前二時。
そろそろ寝ようと携帯をもって寝室に行こうとすると・・・

手の中で携帯が鳴った。

先日弁護士さんを紹介した人からだった。

家裁から呼び出しがあったらしい。

情緒不安定になっているのが伝わってくる。

裁判所からくる書類はきつく感じられるものが多い。
申立書は弁護士さんが書いてあるのだから、憤慨してる。

調停と裁判の違いや、一応調停とはどのようなものか、簡単に説明して、紹介した弁護士さんと相談して、自分で対応するか、心もとないなら一緒に行ってもらうか決めてください、といって電話をきった。

普通の人は裁判や調停に慣れていないから、心無い表現におそらく腸が煮えくり返っていたと思う。

喧嘩だから仕方がないよ、気にしなくていいよ・・・みたいな話をして少し落ち着いた様子。

呼び出しは早い時間に到着していると思うが、こんな深夜に電話してきたところを見たら、やはり不安で眠れなかったんだろうな・・・・

ちゃんと寝てくださいよ~。まぁ明日(今日)は日曜だからいいけど、戦いは体力いるからね~。

私は・・・やはり目が醒めてしまった。
私も明日は昼まで用事ないし・・・

もう少しさっきの本の続きを読もう・・・・

春の予感

今日は比較的暖かでした。

ベランダの雪柳が一年くらい枯れ木のようになっておりましたが、ちっちゃな新芽を発見!
うわ~、生きてたんだ。

いつの間にか梅も花芽が膨らんでいるし、沈丁花も花芽がいっぱい付いてます。

沈丁花の花の香りは私にはネコにマタタビのように、道を歩いていても、あ! 沈丁花だ、と探すほど好きです。

植木は大好きなのですが、悲しいかな、好きなものを買ってくるし、頂いた植木も多いので、全くまとまりがない。

結構大きなものが多くて、ストレチア、カラー、沈丁花、アジサイ、ばら、桜、うめ・・・・とてもマンショのベランダとは思えない大物が・・・・

本当はきれいにコーディネイトしたイングリッシュガ-デン風にしたいが、鉢が脈絡もなくごろごろしているだけ。

それでもなんとなく春の予感がして、少しうきうきした気分になりました。

勝ち負け

裁判などしていると、請求の認容か棄却か。
要するに自分の主張が認められるか否定されるか、勝つか負けるかしかない。

もっとも訴訟係属中に、当事者が訴訟上の請求に関して双方の主張を譲歩して、口頭弁論期日等において、権利関係に関する合意と訴訟終了についての合意をする和解というものがある。

一般の人は自分の主張が通らないと負けた気分になるが元々負け戦の場合もある。

だいたいの勝ち負けの予想はできる。
おおむね判例があればそれが参考にされる場合が多いからである。

それが和解になるとお互いが譲歩するのだから、負け戦にもある程度の分ができる。

これを勝ったといわずになんと言おうか。

そういう考え方もあると思う。
ゼロで負けるより20を認めてもらえれば。それはそれでよいのではないか。

つい職業柄妄想してしまいました

私は仕事場も自宅もかなり街中にあります。
仕事をしておりましたら、やたら消防車や救急車のサイレンが鳴り響き、そのうちにへりの音まで。

あまりにうるさく、近いので・・・・ま、まさかうちじゃないよね・・・・
慌てて外に飛び出したら、うちとは逆方向。

年を取ると自分の行動に自信がもてなくなり、こんな時は不安になります。

話を戻します。

うちとは逆方向に消防車が止まっていました。

ち、近い・・・・

本当に関西でも有数の繁華街なので、火事は大したことはないようでしたが、野次馬と救急車と消防車、メディアのカメラマンも集まっていました。

う~ん、出火の原因はなんなんだろう?

テナントの失火?
それとも建物の瑕疵?
避難経路は確保できていたのだろうか?
保険に入っていたのかな?

う~ん、 もめるかも・・・・

と、ついつい、職業柄妄想してしまいました。

インフルエンザがものすごい勢いで流行っているそうです。
皆さん、手を洗って、よくうがいしてくださいね。

あ・・・わたし、火事を見に行って、すごい人の中にいましたわ!

私がうがいしなくては・・・
プロフィール

まおあみ

Author:まおあみ
裁判所に行く機会が多い。
不動産会社に勤めていたが、さまざまなトラブルを見るにつけ、法律という鎧は必要であるが、反対に武器を振り回されてバッサリ切り捨てられた人の心のケアや対人関係の難しさに息苦しくなっている人のサポートをしたいと、考えるようになってきました。

最新記事
これで安心!楽しく生きる為の終活・遺言・相続相談室
いきいき終活ライフ
いきいき終活ライフ
翠の風の相談室(改訂版)
大丈夫! 一緒に考えましょう
任意後見公正証書の作成支援
翠の風 ブログランキング

FC2Blog Ranking

お友達のサイト 金魚伝心伝承
金魚伝心伝承
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。