FC2ブログ
スポンサードリンク

肋骨にヒビがはいったかも~💦

やっぱり運気がおちているんでしょうかね・・・

寒いので自宅でコタツの上でパソコン触っていて、ものぐさな私はコタツから出るのが嫌で座椅子に座ったまま横着してカバンを取ろうとして、そのまま座椅子ごとひっくり返り、痛っ!と思ったら、どうやら肋骨にヒビがはいったような💦

息吸っても痛いし、寝返りうっても痛い💦

でも以前足を骨折した時は、みるみる腫れてきたから多分骨折まではしていないと思う。

しかしこれは運気の問題でなく、単に横着が問題だろう・・・

ここ数日は事務所にいる時間が長く、事務仕事がサクサクと捗ってご機嫌です。
そしてメダカもエアコンで部屋が暖かくなっているので大喜び?

寒くて殆ど冬眠状態でしたが、室温が上がってくると泳いでいます。

明日から又一段と寒くなるというので、外に出しぱなしだったアンスリウムとハイビスカスの鉢を部屋に入れました。
スポンサーサイト



老後の婚活と子供たち

老後に関する考え方は一人暮らしの人と家族の同居の人と随分と誓いがあるようである。

更に一人、と言っても本当は子供たちがいて独立したので、一人暮らしと言う場合もある。

更に、更に、男性の一人暮らし、女性の一人暮らしとこれまた違うようである。

最悪は今まで全てを奥様に任せきりだった人。
一人になることが考えられないようで、さだまさしの歌のように、奥様は自分より早く死んではいけない、と本気で思っているようだ。

昔はこのような考え方にずいぶんと反発もしたが、今は少し可愛くもありながら、それではその後の人生いきていけないぞ!と心配になったりする。

それでも大抵の人は環境に馴染み、出来なかった洗濯や料理を覚え、更には趣味の会やスポーツクラブに参加したりして、次の人生を踏み出せる人もいる。

女性が年下で長生きするから、本来の平均寿命でいけば、男性の方が先に逝くようになっているはずであるが、自分の人生が必ずそうなるとは限らない。

もっと積極的に婚活する人もいるし・・・・
本当の単身者なら、婚活もよいが、子供たちがいる場合は、少し難しい問題もでてくる。

そう、相続問題が発生するので、財産もない、子供たちにも遠慮することもない人であれば、正式な結婚も問題にならないだろう。
ただ、子供たちと良好な関係だったのに、この日を境に良好でなくなる場合もある。

勿論すでに大きくなった子供たちを捨ててもいいし、一番は説得することだと思う。

自分は恋愛中で舞い上がってしまっているのかも知れないが、子供たちにとっては突然ライバルが現れて、自分がもらえると思っていたものを半分もっていってしまうのだ。

この説得ができずに、結婚してしまうと大変嫌な思いをすることになる。
奥様になる人にとっても茨の道になるので、このあたりは十分と時間をかけて話し合うことが必要になってくる。


貧困の連鎖

数日前にテレビで貧困の連鎖という特集を見た。

貧困も連鎖、虐待も連鎖・・・・

やはり育った環境が後の人生にも大きく影響するのかな・・・と思った。

ただ小さい時は、その子の世界も小さい。
だから親や家庭がその子の世界になってしまうのもやむを得ない。

でも段々大きくなると自分の世界も大きくなってくる。
その時にどんな人と知り合い、付き合っていくかによって、その子の人生は大きく変わっていくと思う。

またその番組では家族は生活保護を受給しており、そこから抜け出すのが念願で、姉が働くことにより、受給が打ち切りになり、喜びを語っていた。

その中でゲストの一人が、多分作家さんだったと思うが、何故そんな家を出ないのか、といっていたのが印象的だった。
その人は早くに家を出て、その後母親とは会っていないらしい。

多分この方は家族を捨てたのか、捨てられたのかは分からないが、家族が嫌いだったんだな・・・というのがよく分かった。

貧困の中でも家族が寄り添いながら生きれる家族もあるし、どちらが見切ったのか分からないがバラバラになる家族もある。

どちらがどうだ、とはいえない問題である。

でも貧困の中でも家族が団結できる家は、私は立派だと思う。
親を捨てられない子供と子供が捨てられない親。
ただ、注意すべきはそれが愛情からではなく、共存関係にある場合もある。

そして貧困の場合、何が一番怖いかと言うと、心の方が折れてしまい、無気力になることである。

貧乏でも志は高く・・・とは現実には中々難しい。

ただ貧乏な中でも立身出世した人がいることも事実だ。

必ずしも学歴が重要だとは思わないが、多くの本を読み、多くの人に出会い、多くの仕事をする、これが自分を知ることであり、家族を知ることではないかと思う。

みのさんの会見から

みのもんたさんの会見を見た。

普段のパリッとして歯切れの良い印象はなく、よれよれのフツーのおじさんに見えた。

本人も言っていたように、息子とは言え、30歳を過ぎた大人に関して親が本来出る場面でもないが、みのもんたと言う超有名人の息子であるが故に普通であれば小さな事件で済むはずが世間の知る所となってしまった。

多分この会見を見て、大方の人は、親が甘やかしすぎなんだよ!と思ったのではないか。
事実、これまでも問題があったことをみのさん自身が認めていた。

ここで妄想が働く。

親は超有名人、その名前にいつも支配され続け、働きづめで家庭を顧みない親父に反抗する、大人になりきれない息子・・・・

確かにそうかもしれない。

でも私はみのさんの会見を好意的にみた。

特に息子を信じているか、と聞いた時に、信じない親がどこにいますか、と即答したのである。
しかし、警察力というのも信じると付け加えた。

ものすごいうまいと思った。

(すみません、感動しているのに、仕事柄、ちょっとどうしても、こういう醒めた目も半分でてしまう自分が時々いやになります。)

何故なら自分のメンツを大事にする人間なら、馬鹿な息子を持って申し訳ありません、という会見になると思う。

多分警察に捕まっているのだから、本当はみのさんだって、息子の非は分かっているはずだ
それでも本人が認めない限り、お前を信じているよ、という多分息子に対するメッセージではなかったかと思う。

これは、子が認めていない事を警察が悪いといっているから、お前が悪い!と決め付けていないのである。

外人は結構、お前を信じているよ、とか、お前を誇りに思うよ、とか言うが、日本人でこれを言える人は中々いない。

世界中を敵にまわしても子は可愛い、子を守ってやりたい、これが親の愛情だと思う。

だからその信頼を裏切ってはいけないよ、ということであり、そして例え悪くても、それには何らかの理由があったはずなのだから、お前を守ってやりたい、というメッセージだったのではなかろうか。

この親のメッセージが分からないようでは、彼はホントにお馬鹿さんかも知れない。


みのさんはみのもんたの子供だからこんな大騒ぎになった、と苦笑いをし、本人と奥様に詫びていたが、本人はみのもんたと言う名前を傷つけたことに関してはどう思っているのだろうか・・・・


これを機会に彼には親の愛情に気づき、大人になってほしいと思う。

本来なら親の名前が大きいなら、それを利用するくらいのゆとりがほしい。
だって、そんな親を普通の人は中々持てない。

子供を信じない親がどこにいますか、と公衆の面前で言い切ってくれたんだよ!


私は、子を信じていない親がいっぱい居る事を知っているよ・・・・





プロフィール

まおあみ

Author:まおあみ
裁判所に行く機会が多い。
不動産会社に勤めていたが、さまざまなトラブルを見るにつけ、法律という鎧は必要であるが、反対に武器を振り回されてバッサリ切り捨てられた人の心のケアや対人関係の難しさに息苦しくなっている人のサポートをしたいと、考えるようになってきました。

最新記事
これで安心!楽しく生きる為の終活・遺言・相続相談室
いきいき終活ライフ
いきいき終活ライフ
翠の風の相談室(改訂版)
大丈夫! 一緒に考えましょう
任意後見公正証書の作成支援
翠の風 ブログランキング

FC2Blog Ranking

お友達のサイト 金魚伝心伝承
金魚伝心伝承
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR