FC2ブログ
スポンサードリンク

昭和の男と昭和の女

先日に引き続き、仕事の話で再度おっちゃん先生に電話をしたら、暇なのか、中々電話を切ってくれません。

今までごはんをたいたことがない、初めてたいた、と言うので、ええええ!と絶句
(何十年生きてんねん・・・)

なんかやけに得意げでした(笑)

反対に奥さん、たいしたもんやわ、と思いましたが・・・・

どうですか~?
奥様の有り難味がわかりましたか~?

と、聞いたら・・・

う・・・ん、夫婦は空気みたいなもんや
だから、ちょっと空気が薄くなったみたいな感じやな、

と言うので・・・あらっ、息苦しいですか? と、突っ込んでやった
(意外と、センセイ、可愛らしいのね(笑))

で、喋る喋る・・・・

酔っ払っているのか、昔の話にどんどん遡り

男は嫁と子供を養っていくもんやと思っていたから、嫁がご飯作るのは当たり前やろ~(おやおや)
昔はな~、給料も振り込みじゃなくてお父さんが現金で給料袋を持って帰ってきて、お父さんのお陰で
ご飯がたべられるんや、とみんなで感謝して、今日はご馳走やと、豚カツ食べた

(おお、そうですね~、お父さんの威厳が示せた時代でしたね)

それでもな、定年退職したときに、わしは退職したけど、女のお前は退職がないけど頼むわと嫁に言った

(あ~そうですか、意外とええこというねんね)

そしたらあいつは、はい、任しとき、と言った

(何だ、のろけ聞いてるのか・・・・)

じゃあ、奥様が帰宅された時に、お前がいなくて空気が薄くて息苦しかったわぁ~と言ったらどうですか、と言ったら

そんなこと、男が言えるか!

(ふん、可愛くないのか可愛いのか、よく分からん)

でも昭和の男と昭和の女で、相性いいんだろうね、きっと。


スポンサーサイト

あなたはどちらのタイプですか

男女間の愛情について・・・・

人それぞれに考え方が違うので、結婚の相性になると難しい。

少し面白い話になったのは・・・・

普通の人は浮気を嫌がるが時々寛容なタイプがいる。

それについて、浮気を許すのは本当に好きじゃなかったり愛していないからだと言うのに対して、いや、それは違うよ。
それはもっと大きな愛だよ!

と誰かが言った。

あなたはどちらのタイプですか?


結婚できない男と女

昨日西島秀俊さんの話がでて・・・あはっ、好きだと書いたのに、秀俊だっけ? 俊秀だっけ?とボケまくり。
好きな人の名前も覚えられないのか・・・

どうだったけ?と調べようとして、西島さんに関する記事を見つけたので二連発。

見つけたのは下の記事でした。
記事自体はいつのものか、分かりませんがあまり関係ないです。

「先日、自動車ショールームのコンパニオン・Mさん(仮名・26)との熱愛報道が出た西島秀俊(43)。
すでに交際2年で、都内のマンションで同棲中だと「フライデー」(講談社)が伝えた。結婚の可能性もある、
と一部で続報があったが、西島が「結婚相手に求める7箇条」なるものがあまりにヒドイと話題になっている。

 これは22日発売の「女性自身」(光文社)が掲載しているもので、ワイドショーでも取り上げられたが、
非難轟々となるのも無理のない内容だ。

1)仕事のワガママは許すこと
2)映画観賞についてこない
3)目標を持ち、一生懸命な女性
4)“いつも一緒”を求めない
5)女の心情の理解を求めない
6)メール返信がなくてもOK
7)1カ月半会話なしでも我慢すること

 Mさんは派遣社員として働いているが、家では西島の体型づくりに協力して徹底した「食事管理」
をしていると言われる。それを同誌は「相当な女子力の高さ」と賞賛しているが、男に尽くす力=女子力とでも言いたいのだろうか。」

以上である・・・・

どこが酷くて非難轟々とされて当たり前なのか分からない。
人が好きになる条件は個人それぞれであり、それに他の人がとやかく非難しても仕方ないのではないか。
だって結婚するのはあなたじゃない。
結婚する本人同士の条件が合えばそれでいいじゃないのか、と思う。

要はこの条件はあまりにも自分勝手に見える、女性を下に見ている、前時代的だ、みたいな感じ?


でも私は多くの人の相談に乗ってる経験からして、本当に色々な人がいて、今の時代にも意外と右向け右、と言ったらずっと向いてる人みたいな人も結構いまして、本人がそういう性格なんだから他人がそれを馬鹿にされてるで~みたいに言うのはへんでしょ?

条件を一つ一つ見ていても、私は全然違和感ない!
あはっ、私もオッサンだからね~。

1)仕事のワガママは許すこと  
    仕事で食ってるわけだから同じなら仕事でストレスをためたくない。
    できるだけ、好きな仕事をして嫌な仕事はしたくない、選びたい

2)映画観賞についてこない
    これは多分彼の専門性ということでしょう
    キャピキャピ、楽しかったね~、そうだね~の会話をしたくないという事でしょう
    映画鑑賞=仕事
    映画見て色々な技術を盗んだり学習しているのを邪魔しないでくれ・・・だと思う

3)目標を持ち、一生懸命な女性
    これがあるから決して女性蔑視ではないでしょう
    むしろ尊敬している節があると思うよ
    多分人生の戦場の中でお互い対等で信頼関係で結ばれている戦友扱い?

4)“いつも一緒”を求めない
    これは性格的なものでしょう、私もそうです
    ずっと一緒が仲良しの証明ではない
    自分の時間を確保しないと私は発狂する

5)女の心情の理解を求めない
    そりゃそうだ、男と女はちがうのだ、分かりっこない
    まぁ私はオッサンなので男の心理も分かるけどね 
    昔、 野坂昭如は♪おとことおんな~のあいだには~
         深くて暗い川がある~誰も渡れぬ 川なれどエンヤコラ 今夜も 舟を出す~♪と歌っている
       歌詞が好きで時々カラオケで私も歌う

    分からなくってもいいじゃないか、分からないから、そう船をだすのだ

6)メール返信がなくてもOK  
    めんどくせぇ! 

7)1カ月半会話なしでも我慢すること
    これが一番ネックか? 
    まぁ極端な表現だけど信頼してたら、別にちゃらちゃら挨拶しなくてもいいんじゃないの?みたいな?

多分彼は嘘つきではないのでは?
だから反対に信頼関係をとても大切にしていて、2~3ヶ月離れていようが話さなくても平気な人なんじゃないでしょうか。
まぁ、勿論極端な場合ですよ。
多分機嫌が良くて時間の十分取れるときはちゃんとお話もできるしメールも返す人だと思います。
要はそうなことがあっても、仕事と私とどっちが大事なの?みたいな事は絶対に言うな!という事でしょう。

そしてお付き合いが発覚しているのにこんな記事が出ているのは、相手に対するメッセージなんじゃないでしょうかね~?

こんな俺を好きになれるのか、こんな俺を好きになってほしい、無理なら別れようのどれか?

あ~私は全然大丈夫♪
と言うより、理想のタイプです。
という事は私も彼と結婚できる? きゃぁぁぁ、言っちゃいました。

でもご主人が大変なお仕事をしている場合、割とこれに近いタイプのご主人と奥様、というのが結構多いですよ。

研究者、技能者、芸術家、職人さんなど。

私はこういうタイプ、好きなんですから、本当に色々なタイプの人間がいるというのが分かるでしょう?

あ、でも一つ言えることは・・・やっぱり私も結婚できません・・・・

   
  



夫婦間がギクシャクしているときは・・・

140521_094350.jpg
昨日芍薬が入らなかったので新しく写真を撮りましたが、ぶれてますね~。
頭もぶれてるかも?

ようやく父の四十九日も終わり、流石に疲れもでてましたが、ここ数日バタバタ動き回る仕事も途切れ、ずっと睡眠不足だ、よ~し明日は昼まで寝るぞ~と思ったのに・・・・

朝7時から目が覚めてしまいました・・・・

なんで?
次の日朝早い仕事の時は起きれないのに・・・・

実はあまりにもバタバタ出て行く毎日でしばらく整理をしていないと、ものすごく紙が増える家でして。

複数の資格で仕事をしていてますので、各それぞれの所属団体からやたら、と言ったら怒られるけど、会報や資料、講習のお知らせ、その他ものすごい数の紙が届きます。

それを今朝はのろのろとシュレッダーを活用しながら整理しています。

しかし、シュレッダーて、ホントにすぐにいっぱいになるね・・・・

で、その整理をテレビを見ながらしておりましたら、夫婦喧嘩で忘れられないものはなんですか?みたいな事を複数のご夫婦に聞いていました。(インタビュー)

これを見て、ふんふん、なるほど!

夫婦間がギクシャクしている方はこの方法を試して見ては如何でしょうか。

どんな時に夫婦喧嘩して嫌だったか、何が原因だったのか、改めて話すことでそのときのお互いの気持ちを確認することができます。

自分たちだけでしてもいいし、第三者のインタビュアーがいてもいいですね。
第三者がいたほうが良いかも、です。

ある程度時間が経っているので、冷静に話すことができるし、第三者に話すことによってまた熱くなって自分の感情を爆発させるより、無意識のうちに自分に対する共感を求めますからソフトに話すことができるし、相手も受け入れやすくなります。
そして相手が考えていることやもっと大きな生活観とか、夫(妻)に対する理想、人生観に触れることもできます。

但し、溝が深まってしまった後では効果が薄いかも、です。
なぜならある段階に来てしまうと、無関心、無視、無言に発展してしまうからです。

折角縁あって夫婦になったんだから、修正できるところは修正して、楽しく暮らしたいですよね。

あ、それと・・・

ちょっと奥様が旦那様を教育するみたいなことを言っていて、番組の男性コメンティナーからブーイングが出ておりました。
もっともです。
人はコントロールされていることをフツーの人は嫌います。
別に奥様に限ったことではなく、反対に旦那様も奥様を教育している、みたいに思っている人もいるでしょうがこれはあまり口にだして言うのは得策ではありません。

本当の達人は言わずに教育するので教育されている方は全く気づいていません(笑)
そして旦那様がご自分で、俺はお釈迦様の手の平で遊んでいる孫悟空のようなもので、お母ちゃんの手の平で転がされています、とか、内は尻に敷かれっぱなし~などと仰ったりしたら、シメタものです。

結婚しない娘たち(2)

そして同じような相談を偶然にも受けた。

妙齢の娘さんがいて、中々結婚しないそうだ。

結婚する気がないのかと聞いたら、いや、本人も結婚したくて、それなりの活動をしているという。
でも父上としては、扱いが大変難しく、うるさく言ってもプレッシャーかけることになるし、しかしこのまま放置するのも・・・

うんうん、そうですね。
プレッシャーをかけるのは確かによくないし、かと言って仰る様に、黙っていれば、私に関心がないのかと思ってしまう。
難しいですよね・・・と私。

娘さんとは仲がいいのですか?
よくお話します?

すると、話はするよ、一緒に出かけることもある、と言う返事。

おお! それは素晴らしい!

では、どんなタイプの人が好きで、どんな家庭を築きたいか、更には困難に直面した時、例えば病気になったときとか、リストラされた時とか、浮気された時とか、どうするつもり?など聞いてみたらいかがでしょうか?

ええ~!そんなこと私が聞くのですか!
そんなこと、聞けない!

と抵抗されていましたが、でもねお父さん、そういう事を口にすることで娘さんはお父さんが自分のことを大切に思ってくれていると気づくし、娘さん自身も自分が気づいていない結婚観に気づくこともあるし、結婚条件を修正することもあるよ、と言ったら・・・・

う・・・ん、少し考える・・・と仰いました(笑)
プロフィール

まおあみ

Author:まおあみ
裁判所に行く機会が多い。
不動産会社に勤めていたが、さまざまなトラブルを見るにつけ、法律という鎧は必要であるが、反対に武器を振り回されてバッサリ切り捨てられた人の心のケアや対人関係の難しさに息苦しくなっている人のサポートをしたいと、考えるようになってきました。

最新記事
これで安心!楽しく生きる為の終活・遺言・相続相談室
いきいき終活ライフ
いきいき終活ライフ
翠の風の相談室(改訂版)
大丈夫! 一緒に考えましょう
任意後見公正証書の作成支援
翠の風 ブログランキング

FC2Blog Ranking

お友達のサイト 金魚伝心伝承
金魚伝心伝承
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR